文春、ライバル新潮の中づり広告で後追い? 出版販売トーハンが渡す

投稿日: 更新:
BUNSHUN SHINCHOU
陳列された週刊文春、週刊新潮 | 時事通信社
印刷

新潮の中づり広告、競合の文春に渡す 出版取次トーハン

 出版取次会社「トーハン」(東京)が、週刊新潮(新潮社)の中づり広告をライバル誌である週刊文春(文芸春秋)側に渡していたことが、トーハンへの取材でわかった。中づり広告は、発売される週刊誌の掲載内容を一覧で示したもの。同社は「他社に関する情報なので配慮すべきだった」として、今後は取りやめることを検討している。

 中づり広告は、鉄道車両内に掲示されるほか、トーハンなどを通じて全国の書店にも配布される。

 トーハンによると、文芸春秋の社員が定期的にトーハンを訪れ、新潮の中づり広告を借りていたという。始まった時期などは調査中だという。トーハンの広報担当者は中づり広告について「秘密保持の規定がなく、仕入れ部数交渉のための販促資料という認識だった」と説明。「他社に関する情報なので配慮すべきだった」としている。

(朝日新聞デジタル 2017年05月17日 05時18分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)