眞子さまとの今朝の電話で「行ってきます」 婚約報道の小室圭さんが明かす【会見全文】

投稿日: 更新:
KOMURO
小室圭さん | 時事通信社
印刷

秋篠宮家の長女眞子さま(25)との婚約について報じられた、国際基督教大(ICU)時代の同級生、小室圭さん(25)が5月17日、勤務先が入る東京都中央区のビルで記者会見した。

小室さんは午前10時ごろ、黒のスーツに紺のネクタイ姿で報道陣の前に姿を見せた。記者から眞子さまとの婚約が進んでいることへの気持ちを問われたが、「時期が参りましたら、また改めてお話させていただきたいと思います、申し訳ございません」と答え、頭を下げた。

その後も、眞子さまとの交際や惹かれた点などの質問が相次いだが、「時期が参りましたら、改めてお話したいと思います」と繰り返し、多くの質問に対して回答を控えた。

その中でも、「昨日から今日にかけて眞子さまとどんなやりとりがあったのか」という質問には、「今日の朝に電話で『行ってきます』、『行ってらっしゃい』という形で、軽い会話をしました」と返答。電話をした時間や記者会見の話題が出たかなどの詳細は、「覚えていません」などと述べた。

勤務先の法律事務所での仕事内容については、「パラリーガルと言いまして、色々と法律の事務の仕事に携わらせていただいています」と説明。将来の目標などを問われたが、「これから色々と考えを巡らせていこうと思います」と話し、会見は5分ほどで終了した。

小室さんの記者会見の書き起こし全文は以下の通り

-----

記者:眞子さまとのご婚約の準備が進んでいると聞いています。おめでとうございます。今の率直な気持ちをお聞かせください

小室さん:時期が参りましたら、また改めてお話させていただきたいと思います、申し訳ございません

記者:眞子さまのどのような人柄に惹かれたのでしょうか

小室さん:申し訳ございません。それについても時期が参りましたら、改めてお話したいと思いますので、本日は控えさせていただきたいと思います

記者:好きな言葉ですとか、座右の銘があればお聞かせください

小室さん:それについては、今は申し上げることはできませんので、控えさせていただきたいと思います

記者:普通の人と違って、なかなか大手を振ってデートはできないと思うが、どのように連絡をとっていたのでしょうか

小室さん:申し訳ございません。それも、今は何か、申し上げる時期ではありませんので、しかるべき時期が来ましたら、お話したいと思います

記者:ご家族とはどのような話をされましたでしょうか

小室さん:それについては、現時点で申し上げるあげることはございませんので、時期が参りましたらお話したく存じます

記者:昨日の報道はどこでご覧になられましたか、眞子さまとの婚約内定へという報道

小室さん:色々と情報があるので、どこで見ましたというのは、正直どこで見たかも忘れてしまったぐらい、色々とメディアの人が写してくださったので。それについては覚えておりません

記者:昨日から今日にかけて眞子さまとはどのようなやりとりをされたのでしょうか

小室さん:今日の朝に電話で「行ってきます」、「行ってらっしゃい」という形で、軽い会話をしました

記者:取材の機会が設けられたが、それについて眞子さまからエールなどの話はありましたか

小室さん:それについては時期が参りましたらお話させていただきたく存じます

記者:準備はどういう準備が整って、いつ頃お話を聞かせていただけるということになりますでしょうか

小室さん:申し訳ございません、それにつきましては、わからないことが多いので、色々と整理してから、時期になりましたら、お話させていただきたい

記者:今日の朝の電話は、6時ごろに自宅を出て、その前に電話したのか

小室さん:時間は覚えていない、朝方、早朝だったと思います

記者:小室さんから?

小室さん:申し訳ございません、覚えていません

記者:眞子さまとはお話しているときは幸せを感じますか

小室さん:そういったことにつきましても、時期がまりいましたら、改めてお話させていただきたく存じます

記者:法律事務所ではどういう仕事をされているのか

小室さん:パラリーガルと言いまして、色々と法律の事務の仕事に携わらせていただいています

記者:将来は、国際弁護士になりたいという話もありましたが

小室さん:今後色々と考えを巡らせて行こうと思っております

記者:目指すべきものが...

小室さん:しかるべき時期に色々と考えを巡らしたいと思っております

-----


■関連画像集「眞子さま画像集」

Close
眞子さま画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら