ライフスタイル

「女の子にもプログラミングに興味を持って欲しい」大学生、2年かけて本をつくる

2017年05月18日 00時25分 JST | 更新 2017年05月18日 00時29分 JST

「もっと女の子にプログラミングを知って欲しい」

そう願う一人の大学生が、2年かけて「サシャ・サヴィはプログラミングが好き」という子供たち向けの本をつくった。

本を書いたのは、ニューヨークにあるペース大学で、情報システムとマーケティングを学ぶ19歳のサシャ・アリエル・アルストンさんだ。

(サシャはプログラミングが好き)

アルストンさんはこれまでプログラミングを学んできて、この分野が「性別の面でも、人種の面でも、多様性に欠けている」と気付いたそうだ。

「女の子にもプログラミングに興味を持ってもらうと同時に、プログラミングの基本的な言葉を知ってもらいたいと思って書きました」

「多くの人がSTEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学に重きを置く教育)やプログラミングが何かを、よく知りません。もっとSTEMを知って欲しい、特に女の子に知って欲しいですね」と、アルストンさんは話す。

本の主人公は、プログラミングが好きな10歳の女の子サシャ。

ソフトウェア開発をする母からプログラミングを少し教わったサシャは、2人の友人と共にプログラミング合宿に参加する。

そこでゲームアプリを作り方を知り、プログラミングの楽しさに目覚めるというストーリーだ。

本の制作資金を、クラウドファンディング「Kickstarter」で募ったところ、目標金額5000ドルを4日間で達成。最終的には1万7000ドルが集まった。

まもなく完成する「サシャ・サヴィはプログラミングが好き」は、まず最初に寄付をしてくれた人に送る。6月にはAmazonでも買えるようになる。

たくさんの女の子たちに読んで欲しい、そして「あなたのやりたいことは、何だってできるんだよと知って欲しいです」とアルストンさんは話す。

(サシャ・アリエル・アルストンさん)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

【関連記事】

▼フィンランドのプログラミング教室(画像集)▼

フィンランドのプログラミング教室


※画像集が表示されない場合は→こちら