第70回カンヌ国際映画祭、出品作品は?

投稿日: 更新:
AFFICHE
BRONX PARIS
印刷

第70回カンヌ国際映画祭が5月17日に開幕した。公式コンペティション部門に選出された作品を見ると、ニコール・キッドマン、ホアキン・フェニックス、クリステン・スチュワート、ダイアン・クルーガーといった面々が、2017年のカンヌのレッドカーペットを賑わせることになりそうだ。

オープニングを飾るのは、アルノー・デプレシャン監督の『Les Fantômes d'Ismaël』(英題:Ismael's Ghosts)。2016年、賛否両論を巻き起こしたウッディ・アレン監督『カフェ・ソサエティ』に続いて注目を集めることができるか。ほかの目玉としては、カンヌでは初の試みとなる、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督による7分間のバーチャル・リアリティ映像作品『Carne y arena』(英題:Flesh and Sand)の上映などが予定されている。

コンペティション部門に選出された19作品のうち、今年の審査委員長ペドロ・アルモドバル監督からパルム・ドールを受け取ることができるのはたった1作品だ。フランソワ・オゾン、ミヒャエル・ハネケ、ジャック・ドワイヨン……大賞の栄光を手にするには一体誰か。答えは5月28日の閉会式で明らかになる。

記念すべき第70回目の運営を務めるティエリー・フレモー氏とピエール・レスキュール氏は、そろって次のように述べる。「公式コンペティション部門に選出された作品だけでなく、選出されたすべての作品がクロワゼット通り(カンヌの大通り)で上映されます。『コンペティション外部門』、『ある視点部門』、『スペシャル・スクリーニング部門』、すべての作品がスポットライトを浴びることになるでしょう」。

2017年度の選出作品は以下の通り。

▪️公式コンペティション部門

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督『Nelyubov』(英題:Loveless)

ジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ監督『Good Time』

リン・ラムジー監督『You Were Never Really Here』

フランソワ・オゾン監督『L'amant Double』(英題:Amant Double)

コーネル・ムンドルッツォ監督『Jupiter's Moon』

セルゲイ・ロズニツァ監督『A Gentle Creature』

ヨルゴス・ランティモス監督『The Killing of A Sacred Deer』

河瀬直美監督『光』

ホン・サンス監督『그 후』(英題:The Day After)

ミシェル・アザナヴィシウス監督『Le Redoutable』(英題:Redoubtable)

トッド・ヘインズ監督『Wonderstruck』

ミヒャエル・ハネケ監督『Happy End』

ジャック・ドワイヨン監督『Rodin』

ソフィア・コッポラ監督『The Beguiled』

ロバン・カンピヨ監督『120 Battements Par Minute』(英題:120 Beats per Minute)

ポン・ジュノ監督『OKJA』

ファティ・アキン監督『Aus dem Nichts』(英題:In The Fade)

ノア・バームバック監督『The Meyerowitz Stories』

▪️スペシャル・スクリーニング部門

ボニー・コーエン、ジョン・シェンク監督『An Inconvenient Sequel』

レイモン・ドゥパルドン監督『12 Jours』(英題:12 Days)

Anahita Ghazvinizadeh監督『They』

ホン・サンス監督『클레어의 카메라』(英題:Claire's Camera)

ユージーン・ジャレッキー監督『Promised Land』

クロード・ランズマン監督『Napalm』

ジュード・ラットマン監督『Demons in Paradise』

ヴァネッサ・レッドグレイヴ監督『Sea Sorrow』

▪️コンペティション外部門

アニエス・ヴァルダ、JR監督『Visages, Villages』(英題:Faces Places)

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督『How to Talk to Girls at Parties』

三池崇史監督『無限の住人』

▪️ある視点部門

マチュー・アマルリック監督『Barbara』

セシリア・アタン、バレリア・ピバト監督『La novia el desierto』(英題:The Desert Bride)

カンテミール・バラゴ監督『Теснота』(英題:Closeness)

カオテール・ベン・ハニア監督『على كف عفريت』(英題:Beauty and the Dogs)

ローラン・カンテ監督『L'Atelier』(英題:The Workshop)

セルジオ・カステリット監督『Fortunata』(英題:Lucky)

ミシェル・フランコ監督『Las hijas de abril』(英題:April's Daughter)

ヴァレスカ・グリーゼバッハ監督『Western』

ステファン・コマンダレフ監督『Посоки』(英題:Directions)

ギヨルギー・クリストフ監督『Out』

黒沢清監督『散歩する侵略者』

カリム・マサウイ監督『En Attendant les hirondelles』(英題:Until the Birds Return)

モハマド・ラスロフ監督『لِرد』(英題:A Man of Integrity)

レオノール・セライユ監督『Jeune Femme』(英題:Montparnasse Bienvenue)

テイラー・シェリダン監督『Wind River』

アナリタ・ザンブラノ監督『Après la guerre』(英題:After the War)

(一部敬称略)

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。