「共謀罪」を強行採決 衆院法務委員会で自民・公明・維新が賛成して可決

投稿日: 更新:
KANEDA
衆院法務委で自民党の土屋正忠氏の質問に答弁する金田勝年法相=19日午前9時9分、岩下毅撮影 | 朝日新聞社
印刷

「共謀罪」衆院委で強行採決 自公維が賛成、可決

 犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正をめぐり、自民、公明両党は19日午後の衆院法務委員会で、日本維新の会と共同で提出した修正案の採決を強行し、3党の賛成多数で可決した。審議の継続を求めてきた民進、共産両党が質疑の打ち切りに抗議して委員会室は騒然とした。与党は23日の衆院本会議で採決し、参院に送る方針だ。

 「共謀罪」法案は、組織的犯罪集団が重大な犯罪を計画し、資金の調達や犯行現場の下見などといった準備行為を行った場合に処罰する内容。自民、公明、維新の3党は、取り調べの可視化(録音・録画)やGPS(全地球測位システム)捜査の制度化について検討することを盛り込んだ修正案に合意し、国会に提出した。

 これに対して、民進、共産、自由、社民の野党4党は「一般人が対象になり得る」「警察などの捜査権限が拡大し、公権力による監視が強まる」として修正案に反対。17日には、答弁が混乱するなど説明責任を十分に果たしていないとして、法案を所管する金田勝年法相に対する不信任決議案を出したが、18日の衆院本会議で否決された。

(朝日新聞デジタル 2017年05月19日 13時30分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡