ライフスタイル

ずっと一緒に生きてきた。もうすぐ100歳の双子姉妹、キュートなドレスで記念撮影(画像)

2017年05月20日 19時52分 JST | 更新 2017年05月20日 20時48分 JST

100年間、苦しいことも楽しいことも共に乗り越えてきた。

ブラジルに住む一卵性双生児のマリア・ピグナトン・ポンティンさんとパウリナ・ピグナトン・パンドルフィさんは、5月24日に100歳の誕生日を迎える。

誕生日を記念して、ブラジル人の写真家カミラ・リマさんがふたりのために特別な写真撮影をした。

(CAMILA LIMA)

ふわふわのスカートがとても可愛い。

「100歳の人に会うのは初めてでしたが、それがまさか双子なんて!ふたりの家族と連絡を取って、誕生日のお祝いに写真撮影を申し出たんです」と、リマさんは雑誌「グッド・ハウスキーピング」に語っている。

マリアさんには、5人の子供と12人の孫、7人のひ孫がいる。

パウリナさんにも、6人の子供と19人の孫、16人のひ孫がいる。リマさんによると、パウリナさんはこれまでに、がんと2度の心臓発作を乗り越えてきた。

写真撮影は、ブラジル南東部の街ヴィクトーリアで行われた(この街で、ふたりはすでに人気者だ)。

当日、ふたりはとても美しいドレスを着て髪をきれいに飾り、撮影に臨んだ。

そして出来上がったのが、これらの写真。かわいい2人の姿に、思わず笑顔になってしまう。

可愛くて素敵なマリアさんとパウリナさん、これからも仲良く長生きして欲しい。

リマさんは、自身のFacebookページでも写真を紹介している。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳・編集しました。

【関連記事】