カンヌで着たセクシードレス、実は前後ろ反対でした。人気女優が告白

投稿日: 更新:
印刷

アメリカの人気ドラマ「デスパレートな妻たち」のガブリエル役で知られる女優のエヴァ・ロンゴリアが、12年前のカンヌ国際映画祭での「失敗」をInstagramで明かしている。

何と、初めて参加したカンヌの大舞台で着ていたドレスが「前後ろ逆だった」というのだ。

「初めてカンヌにいった12年前の思い出!私はまだひよっこって感じね!告白:実はドレスを前後ろ反対に着ていました🙈。そうなんです。そして全然気付いていなかった!!!」

5月17日にシェアしたInstagramの写真で、ロンゴリアは大きく胸のあいたドレスを着ている。しかしこの部分が背中側だった、というわけだ。

ロンゴリアは恥ずかしがっているようだが大丈夫。気付いた人は誰もいないだろうから。

それから12年。5月17日夜(日本時間18日未明)に開幕した第70回カンヌ国際映画祭で、ロンゴリアは白いドレスでレッドカーペットに登場した。

2017-05-20-1495263162-8366346-EVALONGORIA2017CANNESFILMFESTIVAL_original.jpg
(Photo by Andreas Rentz/Getty Images)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼カンヌ映画祭2017 レッドカーペット(画像集)▼

Close
カンヌ映画祭2017 レッドカーペット
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら