村田諒太、判定負けに「エンダムにも感謝」と声明 WBA会長は再戦指示

投稿日: 更新:
RYOTAMURATA
時事通信社
印刷

5月20日に開催された世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦(東京・有明コロシアム)で、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太が同級1位のアッサン・エンダム(フランス)に1-2の判定で敗れた結果を受け、WBAのヒルベルト・メンドサ会長が再戦を指示した。21日にWBA公式サイトが明らかにした。

村田はこの試合でプロ転向後初めて黒星を喫し、王座獲得に失敗している。

■パンチの数を重視する「手数派」のジャッジが多勢だった?

試合では、村田が4回で相手のダウンを奪うなど優勢とみられていた。アメリカ人のジャッジ・カイズは7ポイント差で村田を支持したが、パナマ人のジャッジ・パディリアが5ポイント差、カナダ人のジャッジ・アールが3ポイント差でともにエンダムの勝ちと判定した。

朝日新聞デジタルによると、ボクシングのジャッジは、試合中のパンチ数を重視する「手数派」と、相手にダメージを与えたパンチを重視する「有効打派」に大きく分けられる。今回の試合ではジャッジ2名が手数派だったため、エンダムの判定勝ちになったとみられる。

判定が発表された直後は、試合展開と判定結果のギャップに対し、村田の勝利を確信していたファンからは怒声が飛ぶほどの騒ぎとなった。

ryotamurata
WBAミドル級王座決定戦でエンダム(左)に判定で敗れた村田諒太=20日、東京・有明コロシアム

この結果を受け、メンドサ会長は21日、自身のTwitterを更新。自身がつけた採点表を公表し、7ポイント差で村田の勝ちを支持した上で、「direct rematch(再戦)」を要求するとコメントした。

正しい判定を下すことのできないスポーツに怒りと不満を感じています。

まずは、村田諒太、帝拳プロモーション(村田が所属するプロモートカンパニー)、そしてすべての日本のボクシングファンにお詫びをしたい。

粗末な判定によって生じたダメージを、どうやって回復すればいいのか言葉がない。

また、WBAは21日(日本時間)に公式サイトで声明を掲載し、メンドサ会長がチャンピオンシップ委員会に対して再戦を命じると発表した。

■村田、Facebookでコメント 「エンダムと話してました」

村田は試合後、自身のFacebookを更新。「多くの方に応援いただいたのに、勝つことが出来ず申し訳ございません。勝ってた負けてたはジャッジの仕事なんで、受け入れるしかありません。それがアスリートの役目かと思っています」と綴り、判定を受け入れる旨を明かした。

WBAが公式サイトで同試合についての声明を発表した直後にも、再度Facebookを更新した。エンダムとの2ショット写真を公開し、「エンダムと話してました。大切なことは、2人がベストを尽くしたこと、日本に来てくれて感謝していると伝えました。エンダムとエンダムのスタッフ達にも感謝いたします。ありがとうございました」とコメントした。異例の『再戦指令』については触れなかった。


■関連画像集「2012年 ロンドン五輪 ハイライト」

Close
2012年 ロンドン五輪 ハイライト
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。