鳩山由紀夫氏「家の前で右翼が『日本から出て行け』と叫んでいた」と報告、慰安婦問題には持論展開

投稿日: 更新:
YUKIO HATOYAMA
鳩山由紀夫氏=2015年4月、東京 | NurPhoto via Getty Images
印刷

鳩山由紀夫元首相が5月21日、自身のTwitterに「家の前で右翼が『日本から出て行け』と叫んでいた」などと投稿、従軍慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するとした日韓合意などをめぐり、自宅前で抗議を受けたことを明らかにした。

鳩山氏は、2015年10月4日には、東京都千代田区の交差点で、乗っていた車を十数台の街宣車で約10分間にわたって取り囲まれたことがあった。

また鳩山氏は21日、天皇陛下の退位についてもTwitterで言及した。天皇陛下の退位をめぐる政府の有識者会議で2016年11月のヒアリングの際、保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに陛下が強い不満を漏らされていたと、毎日新聞が21日に報じたことを受けて、次のように投稿した。


▼画像集が開きます▼

Close
鳩山兄弟 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事鳩山由紀夫氏、弟・邦夫氏の死を悼む 「ラーメン屋にこっそり二人で」(コメント全文)

鳩山由紀夫元首相「パスポート没収ならクリミア移住も検討」 訪問中に発言