「キッズウィーク」とは? 政府の新構想にネットでは冷ややかな声が相次ぐ

投稿日: 更新:
SUMMER VACATION
Imgorthand via Getty Images
印刷

小学生らが夏休みなど長期休暇の一部を別の時期に分散取得する「キッズウィーク」制度を、政府が検討していることが明らかになった。共同通信などが5月24日報じた。

朝日新聞デジタルによると、2018年4月からのスタートを目指すという。大人の有給休暇の取得を促すのが狙いだ。全国の小中高校が対象で、夏休みの開始や終了時期を地域ごとに変え、休暇の一部を別の時期に移し替える。公立校は義務化を目指し、私立校には協力を求める方針だという。

「働き方改革」に続き、「休み方改革」にも取り組む政府の新しい施策だ。大人の有給休暇を取りやすくするため、政府は企業に協力を求める。また、地域ごとに連休が分散化されるため、行楽地などの混雑回避や、観光業界の活性化も期待できるとしている。

政府の構想に対しTwitter上では、「サービス業の人間はどうなるのか」「正社員以外の働き方の人のことを考えていない」「キッズウィークよりも普通の有給を取りやすくしてほしい」など否定的な意見が相次いだ。

以下に一部を紹介する。

▼関連の画像集が開きます▼

Close
「夏休みに行きたい!日本の絶景」画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら

関連記事

プレミアムフライデーとは? 月末金曜日は午後3時の退社を推進へ 「時給で働く人は...」様々な意見あがる