上場企業のサラリーマン、平均給与は605万円 高い業種・低い業種(調査結果)

投稿日: 更新:
印刷

上場3079社の平均年間給与は、2016年は605万7000円だとする調査を、5月24日、東京商工リサーチがまとめた。2015年より6万3000円(1.0%)増加しており、2011年の調査開始以来、初めての600万円台となった。

ただし、500万円未満の企業も723社で23.4%を占めており、上場企業の給与は二極化している。

■高い業種・低い業種は…

業種別に見ると、3年連続トップとなった金融・保険業は、702万9000円と唯一700万円台に乗せた。金融・保険業は。2位は建設業で、671万9000円。以下、不動産業の663万7000円、電気・ガス業の658万6000円と続いた。

salary

最下位は6年連続で小売業となり、500万円。小売業は3年連続で上昇し、初めて500万円台に乗せた。

■平均年間給与1000万円以上は60社

平均年間給与1000万円以上は、60社あった。個別企業でみると、トップはM&Aの助言などを行うGCAで2139万6000円。2位は不動産業の日本商業開発で1741万円だった。

jojo


▼「ブラック企業大賞2016 ノミネート企業一覧」画像集が開きます▼

Close
ブラック企業大賞2016 ノミネート企業一覧
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

【関連記事】

ブラック企業リスト、厚生労働省が334社を公表 今後は毎月更新