ライフスタイル

"ファーストジェントルマン"、笑顔で首脳夫人らと撮影。ルクセンブルク首相の夫

2017年05月27日 00時20分 JST | 更新 2017年05月27日 00時38分 JST

5月25日、ブリュッセルでの北大西洋条約機構(NATO)のサミットで、写真撮影のために集合した各国の首脳陣とそのパートナーたち。その中には、ルクセンブルクの“ファーストジェントルマン”、ゴーティエ・デストネ氏がいた。

YORICK JANSENS VIA GETTY IMAGES

建築家のデストネ氏は、ルクセンブルクのグザヴィエ・ベッテル首相のパートナー。ベッテル首相は以前から同性愛者であることを公表。2013年のベッテル氏が首相に就任した時、このカップルは同性パートナーシップの関係にあった。同性婚が2人の母国で合法化された2015年以来、ふたりは結婚を継続している。

JOHN THYS VIA GETTY IMAGES

デストネ氏は、アメリカのファーストレディー、メラニア・トランプ夫人に加えて、フランスのブリジッド・マクロン夫人、トルコのエミネ・エルドアン夫人、ベルギ王室のマティルド妃、NATO事務総長夫人らと一緒に写真に収まった。

YORICK JANSENS VIA GETTY IMAGES

これらの写真を見て、うれしい気持ちになるのは私たちだけではない。Twitter上でも、ゴーティエ・デストネ氏の存在を祝福する声が上がっていた。

ブリュッセルの #GauthierDestenayのおかげで、今日は本当に幸せになれた。彼は何と幸せそうに、笑顔で喜んでいることか。いいぞ、ゴーティエ・デストネ!

最近の間で、私が見た最も素晴らしいものは、「ゲイのルクセンブルグ首相の夫が、NATO首脳陣の他のパートナーたちと一緒に写真撮影していること」

#Natoサミットの私のお気に入りの写真。いいぞ、ルクセンブルク。

私はこの写真が好き💕 #ルクセンブルクのオープンな、ゲイのファーストハズバンド、#GauthierDestenay、NATO首脳陣の配偶者とポーズ。

この写真は、全てを物語っている。平等に対するシンプルな表明。

私のニューヒーロー、ルクセンブルグのファーストハズバンド。平等への大きな一歩。今週、私たち全員がルクセンブルグをこの上なく好きになってしまったみたい。

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・加筆しました。

関連記事

『同性婚と国民の権利』憲法学者・木村草太さんに聞いてみた

sota kimura

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

関連記事

世界の同性婚 画像集