マクロン仏大統領、トランプ大統領を避けメルケル首相とハグか(動画)

投稿日: 更新:
印刷

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、わざとアメリカのドナルド・トランプ大統領を放っておいたのだろうか?

5月25日にブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、新しく選出されたフランス大統領が、トランプ大統領をかわしたように見える動画が話題だ。

マクロン大統領は25日深夜、公式Twitterで、そのときの動画を投稿した。

この動画を見ると、マクロン大統領は世界のリーダーたちのグループに向かって歩いている。彼はトランプ大統領にまっしぐらに歩み寄り、トランプ氏は両手を広げ、温かい歓迎を期待しているように見える。

しかし、すぐ横で、マクロン大統領は巧みにトランプ大統領を避けて、ドイツのアンゲラ・メルケル首相を代わりに抱きしめた。その後、彼は他のリーダーたちと握手をして、最後にトランプ氏と激しく握手を交わした。

意図的にこのような態度をとったかどうかは不明だ。しかし、この事件はトランプ大統領が、NATO加盟国のヨーロッパの国々に「支払うべきものを支払っていない」と狙いを定めるサミットの最中に起きた。

マクロン大統領の投稿は、ネット上であっという間に拡散され、Twitterユーザーの多くは、この侮辱にもみえるマクロン大統領の行動に注目したようだ。

かっこいいぞ、マクロン。トランプの握手を避け、メルケルと最初に握手する。すばらしい動きだ…😁

他のリーダーたちがマクロンの例に続くのを見てみたい。トランプに向かって歩き、方向を変え他の人とあいさつをする。トランプは嫌がるだろうな。

「マクロン方向転換」-トランプにフェイントし、メルケルの方へ行く。

トランプが両手を開きマクロンに挨拶しようとしたことで、最後のメルケルへの方向転換がさらに素晴らしいものになった。

マクロンはフェイントをかけ、最後の瞬間にトランプを避けメルケルへ向かった。そしてトランプの引っ張り握手の対応に成功。すばらしい。

本当にびっくりしたけど、トランプが避けられた瞬間、一瞬同情心がわいた。でもそのあとトランプはマクロンに握手をしようとした。

プライスレスだ! 方向転換から始まり、トランプにたどり着くまでいったい何人と握手したのか。そして無理やり力で彼を引っ張ろうとする...

トランプ大統領の9日間に渡る中東と西ヨーロッパへの訪問は、多くの気まずい瞬間を生み出した。カナダのジャスティン・トルドー首相が手を振るようにリクエストしたのを無視したこと、フランシスコローマ法王が写真でとても悲しそうに見えたこと、そしてマクロン大統領との奇妙な握手をしたことだ。

【関連記事】
外遊のトランプ大統領、手を繋ごうとしたらメラニア夫人がピシャリ。2度の「悲劇」が映像に収められる。
trump melania

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

ハフィントンポストの人気記事

Close
「新大統領の妻」メラニア・トランプ画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡