NEWS

小林麻央のがん、あごに転移 海老蔵「未来を見据え頑張っている」

2017年05月29日 16時36分 JST
Jun Sato via Getty Images
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 15: Kabuki actor Ebizo Ichikawa attends the 'Sully' Tokyo Premiere at Yurakucho Mullion on September 15, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが5月28日、都内で行われた東京・歌舞伎座の「七月大歌舞伎」の記者会見で、がんが顎(あご)に転移したことを明かした妻でフリーアナウンサー、小林麻央さんについて「くじけてもおかしくない状況で未来を見据えて頑張っている」と話した。スポニチなどが報じた。

海老蔵も特製スープを作るなど「何とか栄養をつけて免疫力を上げてほしい」と願う毎日。看病を続けることで「人はどうあるべきかとか、ある種の悟りの境地になっています。歌舞伎にも以前とは違ったスタンスで臨んでいる」と内面に変化が起きたとも話した。
 
麻央のがん顎転移 海老蔵明かす「未来見据え頑張っている」― スポニチより 2017/05/29 05:30)

海老蔵さんはさらに、「つらい、とひたすら吐露する日もある中で未来を見据えて、頑張って生きる、必ず治るように努力する、という心の強さがある。日々、学ばされています」と思いを述べた

乳がんで闘病中の麻央さんは5月26日、登録読者向けに「顎」(あご)と題した限定ブログを投稿し、「今、一番痛みが強いのが顎です。あまりに痛みが続くので、検査をして頂くことになり、やはり転移でした」と、がんが顎に転移したことを告白していた。

この麻央さんのブログには、「痛み、辛さと戦っているまおさん、少しでも痛みがやわらぎますように祈っています」など7000件を超える声援やコメントが寄せられている。


▼画像集が開きます▼

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。