小林麻央、退院「たくさん祈って下さり、ありがとうございました」

投稿日: 更新:
MAO KOBAYASHI
左:小林麻央さん(2014年10月16日撮影)右:市川海老蔵さん(2016年9月15日撮影) | 時事通信社/ロイター
印刷

「退院致しました。皆様、たくさん祈って下さり、ありがとうございました」

乳がん闘病中の小林麻央さんが、退院して1ヶ月ぶりに帰宅したことを、5月29日の夕方、自身のブログで報告した。

麻央さんは、「人参ジュース」で退院をお祝いした写真を公開し、今後は在宅医療に切り替えると伝えた。

「やはり我が家は 最高の場所です」と喜びを伝え、母親が麻央さんのために介護ベッドスペースを作ってくれていたこと、点滴の練習をしてくれたことに感謝した。

子供たちについては、「もうすぐ公園から帰ってくるようです。早く 会いたい」と切実な思いを記した。

麻央さんは21日の「痩せる」と題したブログで、「今朝は、着替えるときに、裸で鏡の前に立ってみると、私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、泣いてしまいました」と吐露し、多くのファンが心配していた。

26日にはブログで、がんが顎(あご)に転移したことも伝えていた

一方、夫の歌舞伎役者の市川海老蔵さんも29日、ブログで「今日実はまお」というエントリを投稿し、麻央さんが帰宅したことを報告した。

続くブログ投稿では、子供たちが、麻央さんが家にいることをとても喜んでいる様子を「やっぱりご機嫌になるよね」「2人の顔が違う…」などと喜んだ。

また、翌日の30日には、自宅に麻央さんがいる喜びを「(トレーニング後の入浴と食事を終えて)そしてすぐに まおのところへ これが本当に嬉しい…」と改めてかみしめる様子を伝えた


▼画像集が開きます▼ 【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事小林麻央「風邪じゃないんです! 癌なんです」 家族でお出かけも、咳止まらず

小林麻央、がん公表後初めて海老蔵の舞台観劇 「励みを頂きました」