NEWS

本田圭佑、若者自殺に「他人のせいにするな!」⇒ ネット上で物議「他人のせいにできないから...」

2017年05月30日 22時47分 JST | 更新 2017年06月06日 14時37分 JST
Toru Hanai / Reuters
Football Soccer - Japan v Saudi Arabia - World Cup 2018 Qualifier - Saitama Stadium 2002, Saitama, Japan - 15/11/16. Japan's Keisuke Honda is seen in the bench seat before the match. REUTERS/Toru Hanai

サッカー日本代表の本田圭佑(30)が5月30日、若者世代の死因は自殺が最多と報じた記事を引用しながら「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!」などとTwitterに投稿し、物議を醸している。

本田が引用した記事は、政府が公表した2017年版「自殺対策白書」の内容を紹介したもの。同白書によると、自殺者数は減少傾向にある中、15~39歳の若者世代の死因では「自殺」が最多で、「我が国における若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。

本田は記事のリンクを引用した上で「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きていることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やっていることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!」と投稿した。


これに対し、ミュージシャンの米津玄師さんが「人生や親に感謝するのはいいと思うんだけど、少なくとも元の記事には他人や政治のせいにして自殺した人の様子なんてひとつも出てこない」と、疑問を呈した。


Twitter上では、「他人のせいにできないから自殺することも知らないのか」「持てる者が持たざる者を無自覚に追い詰める社会があり、本田圭佑のこの発言はその縮図」と指摘する意見が出ている。

一方で、「努力して結果を出した経験がある人なら本田の言ってることは間違っていないと分かるだろ」などと本田を擁護する声や、「このままの路線でいくと、いわゆる『炎上芸人』の末路を歩んでしまいそうで心配」と本田の今後を案じるつぶやきもあった。

本田は5月21日(現地時間)にTwitterアカウントを開設し、所属するACミランからの退団をイタリア語で明言した

▼画像集が開きます▼

ゴールを決めた本田圭佑


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら


本田圭佑がミラン退団を明言 鮮烈フリーキックで今季初ゴールの後にTwitterで