NEWS

森本康敬・釜山総領事が異例の交代 「少女像」めぐる一時帰国で政権批判、事実上の更迭か

2017年06月02日 01時09分 JST | 更新 2017年06月02日 01時18分 JST

morimoto

森本康敬総領事(在釜山日本総領事館の公式サイトより)

外務省は6月1日、韓国・釜山の森本康敬総領事(60)を退任させ、後任に道上尚史ドバイ総領事(58)をあてる人事を発表した。政府の方針に異を唱えたことで、事実上更迭されたと見られている。産経ニュースなどが報じた。

森本氏は「ノンキャリア」と呼ばれる専門職採用者。2016年6月、総領事に着任した

日本政府は同年末に在釜山日本総領事館前に慰安婦を象徴する「少女像」が設置されたことへの対抗措置として、長嶺安政・駐韓大使とともに森本氏を2017年1月から4月まで一時帰国させていた。

朝日新聞デジタルは、森本氏が帰国中に、私的な会食の場で安倍政権の対応を批判したことを、首相官邸が問題視していたと複数の政府関係者の話として報じている。

総領事の任期は通常2~3年間で、約1年での交代は異例だ。しかし、菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で「通常の人事だ。過去何例もある」と説明した。


■関連スライドショー(韓国・釜山の少女像)

韓国・釜山の少女像問題


(※開かない場合は、こちらへ)