そごうのマネキンがまるで無重力状態 担当者「逆転の発想だったんです」

投稿日: 更新:
印刷

大手デパートの西武百貨店と「そごう」に展示されたマネキンが、Twitter上で爆笑を呼んでいる。

sogo

sogo

sogo

そごうのマネキン(広報より提供)

Twitter上では、「アクロバティック」「荒ぶってる」などの声が相次いだ。

また、投稿を見て実際にマネキンを見に行ったユーザーもいるようだ。

ハフポスト日本版は、株式会社そごう・西武の広報担当の月川伸彦さんに取材した。

——一体どうしてこんな「ユニーク」なマネキンを作ろうと思ったのでしょうか

2017年のクールビズのテーマが「パンツ丈 -5センチへの挑戦」で、くるぶし丈のスーツスタイルを提案することになりました。でも「くるぶし丈」をお客さまにお見せしようと思うと、目線を地面に落としてもらう工夫が必要になるんですよね。そこで逆転の発想で「お客様の目線にくるぶし部分が飛び込む」ことを目指そう、ということになりました。

——このマネキン、特注ですか

このマネキンはリースです。

パルクールという競技をイメージした躍動感のあるマネキンを開発されていたのを展示会で拝見し、店頭で使用したら「インパクトがあって面白いのではないか」ということで発注しました。

(編集部注)日本パルクール協会によると、パルクールとは「走る・跳ぶ・登るといった移動に重点を置く動作を通じて、心身を鍛えるスポーツ」


——今後もこのマネキンは店頭で活用されるんですか

「バック転マネキン」や「ジャンプマネキン」については、クールビズのスタイルの象徴として使用してきましたが、今後他の企画でも合致するシーンがあれば使用していきたいです。

今後、ジャンプマネキンだけでなく色んな手法でお客様に「面白い!」を感じていただける演出を目指します。「必要品の購入」が中心となるネットショッピングが増える中、リアル店舗に求められるのは、「潜在的にほしいと思っていたものに気付ける買い物」だと思っています。少しでもお客さまに足を止めてもらって「面白い!」という体験をしてもらえるよう今後も発信していきます。

※マネキンは、西武池袋本店、そごう千葉店、そごう大宮店、そごう横浜店で使用されていたが、6/2現在まだマネキンが見られるのはそごう横浜店のみ。横浜店では、6月29日までディスプレイされる予定だという。

▼「世界中にある、面白い独立系書店」画像集が開きます▼

Close
世界中にある、面白い独立系書店
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら