トランプ大統領の「パリ協定」離脱表明を受けて、緑に染まったパリ市庁舎

投稿日: 更新:
GREEN
DR
印刷

6月1日夜、フランス・パリの市庁舎が緑に輝いた。このライトアップは、アメリカのトランプ大統領による「パリ協定」からの離脱表明に対する、パリ市全体と市長のアンヌ・イダルゴ氏の抗議の意志を表わすものだ。

22時を少し過ぎたころ、市庁舎の正面は緑にライトアップされた。「ドナルド・トランプ大統領の決定に対するパリの不承認を表明し、「パリ協定」の適用を決めた各都市の決断を思い起こさせるため」のものだと、パリ市は公式発表で述べた。

「今夜パリ市庁舎は、「パリ協定」への市民の支持を改めて表明するため、緑にライトアップします」

「C40(世界大都市気候先導グループ)」 のメンバーである世界のその他の大都市も、パリに続いて同様のライトアップを行った。

「パリ、モントリオール、メキシコ、ニューヨークも「気候」の色に染まる。かつてないほどの団結を見せる各都市、挑戦する覚悟はできている」

別の声明のなかでイダルゴ市長は、この離脱表明を「重大な結果をもたらす致命的な誤ち」「前代未聞の外交的失策」と表現。「ドナルド・トランプの最終決定がなんであれ、世界の大都市、中でも『C40』のメンバーであるアメリカの12の都市は、『パリ協定』を実現させるべく責任を果たします」とパリ市長は断言した。

またニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、トランプ大統領の離脱表明に反対する同盟を結成し、「1 ワールドトレードセンター」で同様のライトアップを行うことを許可した。タワーは闇夜のなか、緑色に輝いた。

One World Trade Center lit green in support of the Paris Accord

In accordance with Gov. Andrew Cuomo's executive order, the spire of NYC's One World Trade Center is lit up in green tonight to show support for Paris climate deal. http://abcn.ws/2s08YTU

ABC Newsさんの投稿 2017年6月1日

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。