「なぜ痩せないの?」「太ってると...」カラダのこと、女性はこう言われてきた #TheySaid

投稿日: 更新:
印刷


DAMON DAHLEN/THE HUFFINGTON POST

ハッシュタグ「#TheySaid」(彼らは言った)が話題だ。このタグには、女性たちがいつも言われる、カラダに関する言葉が寄せられている。

多くの女性が、自分の体型を恥ずかしいと感じたその瞬間を忘れていないものだ。

アウトドアウェアのメーカー、オイセルCEOのサリー・バーゲンセンさんは、自分の体型が恥ずかしいと思った初めての瞬間をはっきりと覚えているという。

「『そうやって食べ続けなさい。そうすれば、君は丸々と太るでしょう』と私が12歳の時、父は言いました」と彼女は5月25日、ツイートした。

「そうやって食べ続けなさい。そうすれば、君は丸々と太るでしょう」と、私が12歳のときに父は言いました。ボディシェーミングコメントをリツイートし、共有してください。#TheySaid

バーゲンセンさんは、同じツイートでハッシュタグ #TheySaid をつけて、自分の体型を恥ずかしいと感じた個人的なエピソードをシェアするようフォロワーに呼びかけた。

このハッシュタグは瞬く間に広がり、数百人のユーザーが経験をシェアした。女性たちのなかには、体重が増えたことに対して家族が言った内容を共有する人もいれば、あまりにも瘦せすぎて、逆に自分の体型を恥ずかしいと思っている人もいた。

スクロールして、みんなの声を読んでみてほしい。

「もし君がデブだったら、男の子たちは全員逃げ出すよ」私が11歳の時に、叔父はこう言った。 #TheySaid

「ダニエルのお尻は大き過ぎるよ。いつもおむつを着けているみたい」2002年ごろ、私がファーストキスをした男の子は言いました。 #theysaid

「走るのを止めるべきだよ。走ると、太ももが大きくなるから」-前のボーイフレンドが18歳の時の私に言った言葉。
この太もものおかげで、今はレースで優勝しているっていうのに。

「#TheySaid、そんなに太っちゃったら減量なんて無理…。まず、自分に見合った分の食事だけを摂るべき」

家族は、いつもいつも私に聞いてきます。「そんなにトレーニングをしているのに、なぜ痩せないの?」って。スポーツで体型が決まるからでしょ?><

1.もっと食べる必要があります
2.20歳になったら、太るものです
3.子どもを産んだら、太り始めるものです
4.うえ、もう嫌だ。ハンバーガーを食べに行こう#theysaid

誕生日にケーキを食べていたら、誰かが言った。「食べるのは一瞬、ぜい肉は一生」 #theysaid @Cosmopolitan

「120ポンド(約54キロ)!? 私も結婚したときは、そのくらい体重があったんだから!」 母が13歳の私に言った言葉 #theysaid

@oiselle_sally「タイトな服を着るようなボディラインじゃないわよ」私が13歳の時、いわゆるフェミニストの親友が言いました。私は今、17歳。でも自分のウエストサイズに悩んでいます。 #TheySaid

「お腹をへこませなさい。お腹が大きくなっているわよ」私が9歳の時、祖母が言いました。

「あなたのよう体になりたい」私がほとんど十分な食事も摂らず、何とか一日やり過ごしていたとき、他の女の子から言われた言葉。

ハッシュタグ「#TheySaid」をツイートした1時間後、 バーゲンセンさんは、#SheRepliedという新たなハッシュタグも生み出した。これは、女性たちが言われたコメントにどう返したかを共有するものだ。

バーゲンさんは、一例として「正直に言って、こういう類いのコメントは、私や他の女性たちにとって本当に害を及ぼすことが明らかになっています」と投稿した。

「どんな返答なら、彼女たちに理論武装してあげられるのでしょう?「実際に、体型はみんな違っていて、自分の体型が自分にとってふさわしい」というところから始めたいと思います。

「正直に言って、こういう類いのコメントは、私や他の人たちにとって本当に悪影響があることが明らかになっています」 #TheySaid #SheReplied

「良かれと思って言ってくれているのはわかりりますが、こういうコメントには傷つきます」#TheySaid #SheReplied

この投稿のおかげで、さらに多くのユーザーが、#SheRepliedをつけてすぐに素晴らしいツイートを投稿し始めた。

「どんな体型も、みんな素晴らしいものです! あなたの考えかたは間違っていません!」と、あるユーザーはツイートした。

別の人は、人々が痩せるのを、やみくもに誉めないようにすることが大切な理由を書いた。つまり、「痩せていても、必ずしも健康であるとは限りません。自分が健康かどうか、体に聞いてみてください」と、その女性は投稿したのだ。

下に、#SheRepliedのツイートの一部を紹介する。

「この体のおかげで、2人の子どもを産み、50マイル(約80キロ)走り、自分が行きたい所へ行けます。あなたの体は、最近何かの役に立ちましたか?」#TheySaid #SheReplied

「痩せていても、必ずしも健康であるとは限りません。自分が健康かどうか、体に聞いてみてください」#SheReplied #TheySaid

「どんな体型も、みんな素晴らしいものです! あなたの考えかたは間違っていません!」 #theysaid #shereplied

体が私にしてくれることは、その体が他人からどう見えるかよりも、大切なのです。#TheySaid

ハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

ladiesbeopen

ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。


女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp