巨人、13連敗で止める マイコラス10三振の力投、1点差勝ち

投稿日: 更新:
GIANTS
力投する巨人先発のマイルズ・マイコラス投手=9日、札幌ドーム  撮影日:2017年06月09日 | 時事通信社
印刷

巨人が6月9日、日本ハムに2-1で勝ち、球団ワースト記録となった連敗を13で止めた。交流戦で日本ハムと敵地・札幌ドームで対戦。マイコラスが8回で10三振を奪う好投を見せ、5月24日の阪神戦(甲子園)以来16日ぶりとなる待望の白星を手にした

巨人は二回、石川の左前適時打で先制し、同点の五回、坂本の適時二塁打で勝ち越し。マイコラスは威力ある直球と緩いカーブで緩急をつけ、8回1失点で今季5勝目。日本ハムは打線が振るわず6連敗。

高橋由伸監督は試合後、「一つ勝つことは大変だと感じた。時間はかかったけれど、これで流れが変わってくれれば」と語った。

giants
連敗を脱出し、ベンチ内で握手を交わす高橋監督(中央)ら巨人首脳陣=9日、札幌ドーム 撮影日:2017年06月09日

巨人のこれまでの連敗最長記録は1975年の11連敗。長嶋茂雄氏が監督を務め、球団唯一の最下位となった年だ。


▼画像集が開きます▼

Close
80年代の巨人軍選手
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事巨人、11年ぶりの10連敗 泥沼、優勝の可能性は?

稲村亜美、自己最速タイ103キロ 甲子園で始球式(画像集)