【恋人の日】ネット婚活、顔よりも重要なものがあった⇒「たわいない話で会話が続くか」が試金石に

投稿日: 更新:
SMARTPHONE SAD WOMAN
イメージ図 | courtneyk via Getty Images
印刷

婚活サービス「ブライダルネット」を運営する株式会社IBJが、婚活サービスを利用中の未婚男女400名(男性:206人 女性:194人)に「ネット婚活について」アンケート調査を実施したところ「ネット婚活」に対する赤裸々な実態が浮かび上がってきたようだ。

●「顔」より「やりとり」が重要——調査で明らかに

相手がどういう人だと実際に会ってみたいか、という質問に対する回答の1位は「メッセージ等のやりとりが続く人」で37%にのぼった。一見最も重要かと思われがちな「顔写真がタイプな人」は4位で10%だった。

「メッセージ等のやりとりが続く人」と回答した人たちの意見として「どういう人かをやりとりで知れる」といった意見があがったようだ。

konkatsu
「ネット婚活について」アンケート調査(株式会社IBJ)

ネット婚活に関してTwitter上では「顔を見ないと会うか決められない」「顔写真が命!」と言った声も多い。また写真加工アプリSNOWを使った顔写真をプロフィール写真に利用している人たちへの「本当の顔を知りたい」という声もたくさんあがっていた。

こういった声からは、顔写真を重視している人が多いことが見受けられるが、実際には顔よりも重要なものがあると感じている人も多いことを、この調査が明らかにした。

ハフポスト日本版では、出会い系サービスを使っている女性に「会ってみたくなる要因」などについて話を聞いた。

都内で薬剤師として働く30代の女性は、OmiaiとPairsを「ゆるゆると」利用しているという。

——出会い系サービスで知り合った人と「実際に会ってみよう」と思うのはどんな人ですか

年齢が近くて、ちゃんと働いてそうで、すぐ会おうとしない人です。

——「すぐ会おうとしない人」、というのは?

私の場合は、1カ月以上以上やりとりして、それでもやりとりが続くようならLINE交換して、会う約束を取り付けます。レスが遅すぎるのは進展しなくてダメだけど、早すぎるのはがっついてる感じがしてもっとダメですね。

——顔は気にしますか?
もちろんします。顔そのものというより顔写真、ですかね。ナルシストぽい人はちょっと嫌かもしれない。爽やかな感じがいいです。自撮りよりも、どこかに遊びに行ってる時に誰かに撮ってもらってる感じの写真だといいです。

——それは、なぜですか?
ちゃんと趣味がありそうで、友達がいそうな感じがするからです。

——顔写真から「顔そのものの造作」というよりも「そこから伝わる人間性」に注目しているということですね?

そうですね。顔写真からわかるオーラですかね。そりゃもちろんイケメンに越したことはないですが…。

——会ってみたい、と思うやりとりってどんなやりとりでしょうか?

私が海外旅行が好きで、旅先の写真を載せているから、例えばそこから旅行の話が拡がっていったりして、そこからスムーズに会話が続く感じとかですかね。

あとは休日の過ごし方や、出身地の話とか。仕事や恋愛の切り込んだ話よりも、たわいない話で会話が続くかどうかが大事かもしれないです。

彼女が見せてくれたやりとり一部を紹介しよう。
■会うに至った例

男性:海外の写真素敵ですね^-^
女性:旅行と写真が好きです♪
男性:旅行いいですね。プロフィールの写真どこですか?
女性:●●にある、〇〇という場所です♪
男性:そうなんですね。●●は一回出張したことあるんですけど、観光できなかったんで羨ましいです><

■会わなかった例 その1

男性:●●さん(^^)
女性:はーい!
男性:おはよー^-^
女性:おはよー!
男性:海に来ました^^

これは、いきなり距離を縮めすぎ…とのことです。

■会わなかった例 その2

(映画の話をしていて)
男性:見てない^^
女性:映像が綺麗だったよー!おすすめ!
男性:そなんや^^あんまり映画いかへんなー(^^)おれ、●●さんのことなら集中して観てられるけどなぁ

これは、チャラすぎ…とのことです。

——成就するために何が一番重要なんでしょうかね
顔、やりとり、趣味や職業…、様々な要素がありますが、基本、誠実なら出会いが何であれ上手くいく、とは思ってます。

今日6月12日は「恋人の日」。「誠実さ」と、いつもより少しの勇気を出して、気になる人とやりとりしてもいいかもしれません。