MISIA、バラエティー初出演 明石家さんまの頭に"ものの数分"でカラフルな布を巻く

投稿日: 更新:
MISIA JAPAN
MISIA(2013年6月) | TPG via Getty Images
印刷

MISIA、バラエティー初出演 さんまと初共演で涙腺崩壊

oriconnews

歌手のMISIAが23日放送の関西テレビ・フジテレビ系『金曜プレミアム さんまのまんま 初夏に大笑いしましょかSP』(後7:57~9:49)に出演することがわかった。MISIAはバラエティー初出演にして“お笑い怪獣”明石家さんまと初共演。「全く何が起こるかわからない状態でしたが、さんまさんにおいしく料理していただくつもりで出演させていただきました」と満足げに収録を振り返っていた。

数々の大舞台を経験してきたMISIAだが、普段とは全く違う環境に、収録前からガチガチに緊張。さんまから出されたお茶を飲むときにも「手が震えている」と言うほどだったが、さんまから「年齢的なものやないですか?」と早速ツッコミを入れられ、バラエティーの洗礼を受けたMISIAは大笑いした。

MISIAのトレードマークといえば、頭に巻いているターバンのような布。そのカラフルな布をお土産として持参したMISIAは、さんまの頭に巻いてあげることに。ものの数分でMISIAヘアスタイルが完成すると、さんまは「陽気なコソ泥に見えません?」と絶妙な表現。MISIAヘアスタイルのさんま、名付けて“SASIA(サーシャ)”を披露する。

常に小ネタを忘れないさんまに、MISIAは「全て拾っていかれるんですね!」と思わず感心。次第に緊張がほぐれていったのか、音楽の道に進んだ理由や、デビュー前の驚きのエピソードなど、貴重なプライベートトークを展開する。

収録を終えたMISIAは「さんまさんのお話が面白くて、笑いすぎて涙が止まらなかったです。ずっと涙をふいている映像だったんじゃないかと思います」というほど涙腺崩壊。「さんまさんって、息を吸っているときも吐いているときも話したり笑ったりで、いつのどを休めているのかなと思いました。あんなに強いのどはどうやって作れるのかと思いました(笑)」と驚異的な歌唱力を誇る歌姫をもうならせていた。

このほか、各界からゲストが登場。満島ひかり&真之介が久々の姉弟共演を果たすほか、ディーン・フジオカはギターを片手に甘い歌声を披露。お笑い界からは、ハリセンボンと尼神インターがそろって登場。ドイツ・ブンデスリーガのクラブチーム「シャルケ04」に所属するサッカー選手・内田篤人もプライベートを告白する。

さらに、18日スタートの同局連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)に出演する窪田正孝、新田真剣佑、間宮祥太朗のイケメントリオも出演。窪田が自信を持ってお土産に用意したチーズケーキで、思わぬ事態に発展する。

【関連記事】