北朝鮮に拘束のアメリカ人元大学生が解放される。ボツリヌス中毒の疑い

投稿日: 更新:
NORTH KOREA OTTO
拘束後、記者会見するオットー・ワームビアさん=2016年2月29日、平壌 | KCNA KCNA / Reuters
印刷

北朝鮮に拘束されていたアメリカ人でオハイオ州出身のオットー・ワームビアさん(22歳)が解放された。6月13日、ワームビアさんが通っていたバージニア大が発表した。

バージニア大によると、ワームビアさんは2016年1月から17カ月間にわたって拘束されていたという。CNNによると、北朝鮮当局は、ワームビアさんが平壌のホテルで、壁に貼られた政治宣伝用の垂れ幕を盗もうとしたと主張。政権への敵対行為に当たるとして労働教化刑15年の判決を言い渡されていた。

ワームビアさんはその後、収容所で昏睡状態に陥っていたといい、ボツリヌス中毒にかかった可能性があるという。

ワームビアさんはすでに帰国しており、両親はCNNの取材に対し、「私たちと息子が北朝鮮から残忍な仕打ちを受け、恐怖に陥れられたことを世界中に知ってほしい」と話した。

一方、北朝鮮には13日、アメリカの元プロバスケットボール選手、デニス・ロッドマン氏(56歳)が到着。目的は不明だが、金正恩・朝鮮労働党委員長と関係がいいだけに、政治的な意図があるのではとの臆測が広がっていた。

north korea rodman
北京の空港に到着したロッドマン氏=6月13日

アメリカのABCニュースによると、ロッドマン氏はワームビアさんの事件について「訪問の目的ではない」と関係を否定。「単に友人に会って楽しく過ごすためにやって来た」と語ったという。

北朝鮮はさらに3人のアメリカ人を拘束しており、安否が注目されている。