NEWS

インパルス堤下、睡眠薬を飲み意識が朦朧とした状態で運転 警視庁が調べを進める

2017年06月13日 23時15分 JST | 更新 2017年06月14日 00時27分 JST
Nathan Shanahan via Getty Images
Atsushi Tsutsumishita of Impulse during 'We Will Rock You' Musical - Tokyo Kick-Off Event at Koma Stadium in Tokyo, Japan. (Photo by Nathan Shanahan/WireImage)

人気お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さんが、6月14日の未明、東京都狛江市の路上で睡眠薬を飲んで意識が朦朧とした状態で車を運転し、警視庁が当時の状況を調べていると、14日、フジテレビなどが報じた。

フジテレビ系『ノンストップ!NONSTOP』が報じた内容によると、堤下さんは、14日午前2時40分ごろ狛江市東和泉の世田谷通りで、意識が朦朧とした状態で車の運転席にいるところを発見されたという。警視庁の調べに対し堤下さんは、「サウナに行き自宅に帰る途中だった。睡眠薬を飲んで運転していた」などと話しているという。

道路交通法では、薬物の影響などの理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車などを運転してはならないと定められている。

堤下さんは、1977年生まれのよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いタレント・俳優。お笑いコンビ「インパルス」のツッコミ担当で相方は板倉俊之。バラエティー活動の他に、TBS『アゲイン!!』、フジテレビ『マルモのおきて』などに出演し、俳優としても活動している。2010年にフジテレビ『はねるのトびら』の年末スペシャルの放送内で公開プロポーズを成功させ、2011年に入籍していた。