ヘアスタイルは自己表現のひとつ。髪をアート作品にしたアフリカの女性が最高にかっこいい

投稿日: 更新:
印刷

laetitia ky

お花畑、ダンサー、バニーちゃん、地球儀...。

斬新で、最高にかっこいいヘアスタイルの写真を投稿している黒人女性のInstagramは、眺めているだけで元気が出てきそう。

コートジボワールの都市アビジャン出身で21歳のレティシアさんは、自身の髪の毛をまるでアート作品のようにアレンジしてしまう。

laetitia ky
頭の上に乗っかった、小さなダンサー。

レティシアさんが大胆なヘアスタイルを作り始めたのは、アフリカの部族出身の女性たちのヘアスタイルを載せていたアルバムを見たことがきっかけだったという。

レティシアさんはハフポストUS版の取材に対し、「彼女たちのヘアスタイルは、本当に印象的で芸術的でした。自己表現の手段としてヘアスタイルを使いたいと思ったんです」と語っている。

laetitia ky
自分の髪で、ウサギの耳だって作れちゃう。

ヘアスタイルのアイデアは突然湧いてくるそうだ。

早くて20分、長くて1時間半以上かけてヘアスタイルを完成させるという。このアート作品を作るために、ピンや糸、織物、ワイヤー、ヘアエクステンションなどさまざまな素材を使っている。

laetitia ky
地球儀みたいなヘアスタイル。

laetitia ky
ちょっとシンプルなお花畑。

このようなパワフルなヘアスタイルをつくるために、モチベーションとなっている信念がレティシアさんにはある。

「わたしが本当に表現したいのは、異なるものの美しさです」と彼女は語った。

「わたしはこの美しい国で、残念なことに、人から評価されたくがないために自分自身を表現することを恐れている、異常で、クリエイティブな人々たちとともに生きています」

「だからわたしは、ユニークさを主張することは決してネガティブな反応をもたらすものではないと証明し、自分自身の内面を表現することはすごく大事なことだって証明したいの」

laetitia ky
髪でギターだって弾けちゃいます。

laetitia ky
布を髪に巻いて...。

laetitia ky
眼鏡にもなる!

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳・加筆しました。

関連記事


脱毛症で髪が抜けた女の子、キラキラヘアスタイルで登校(画像)


ladiesbeopen
【イベント開催】
「かわいくなりたい」「痩せたい」「コンプレックスを隠したい」...見た目に対する欲求は、尽きることなく、日々私たちを悩ませます。

なぜ私たちは、こんなにも「見た目」について悩んでしまうのか?

このテーマをもっと深く掘り下げるために、2人のゲストを招き、ハフポスト日本版主催のイベントを6月28日(水)午後7時30分から東京・南青山で開催します。

イベントには、お笑い芸人・渡辺直美さんの専属スタイリスト・大瀧彩乃さんと、摂食障害を克服しハフポストブロガーとして発信した記事が話題を呼んだ野邉まほろさんがゲスト登壇します。皆さんと一緒に、「見た目にまつわる悩み」「コンプレックスを個性として受け入れること」などについて考えていきたいと思います

⇒イベント情報はこちら

--- ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp

訂正箇所を連絡