【米イージス艦衝突】右舷に大きな損傷、乗組員が排水作業 上空から確認

投稿日: 更新:
印刷

衝突のイージス艦、右舷に大きな損傷 乗組員が排水作業

aegis ship
衝突事故で右舷が破損した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルド(第3管区海上保安本部提供)

 17日未明に静岡県下田市沖で起きた米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船の事故。午前7時40分ごろ、下田市東方沖約15キロの海上で、衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの姿を、朝日新聞社ヘリから確認した。

 右舷側の中央付近、レーダーアンテナのすぐ下に衝突の跡によってできたとみられる大きな損傷が見えた。甲板には、乗組員約30人がライフジャケットを着て座りこんだり、ホースを使って排水作業をしたりしていた。

 イージス艦はその後、2隻のタグボートに引かれ横須賀方面に向かった。1隻は艦の前方を航行し、もう1隻は左舷側で寄り添うように航行していた。イージス艦は右舷側に傾いているように見えた。

 一方、フィリピン船籍のコンテナ船「ACX CRYSTAL(エーシーエックス クリスタル)」は伊豆大島の北東沖約5キロを自力航行していた。船首の左舷側の上部が、甲板の方に曲がり、下部もこすれたような跡があり、衝突でできたと見られる損傷が確認できた。すぐ横には、海上保安庁の巡視船が付き添うように航行していた。

 また、静岡・下田沖南東の衝突現場付近では、海上保安庁の船や航空機、ヘリコプターなどが捜索作業をしていた。(飯塚晋一)

(朝日新聞デジタル 2017年06月17日 11時27分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡