NEWS

ベルギー・ブリュッセル中央駅で爆発 テロの可能性も

2017年06月20日 20時35分 JST | 更新 2017年06月20日 20時35分 JST
EMMANUEL DUNAND via Getty Images
A soldier cordons off an area outside Gare Central in Brussels on June 20, 2017, after an explosion in the Belgian capital. / AFP PHOTO / Emmanuel DUNAND (Photo credit should read EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images)

ベルギー首都の駅で爆発、テロか 容疑者に兵士が発砲

 ベルギーの首都ブリュッセルのブリュッセル中央駅で20日夜、爆発があった。ベルギー警察によると、爆発物を持ち込んだとみられる人物に兵士が発砲し、事態は沈静化した。今のところ、けが人は確認されていない。

 AFP通信などによると爆発前、容疑者とみられる人物が、アラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。自爆ベルトのようなものを身につけていたという目撃情報もある。ベルギー警察は、テロの可能性が高いとして捜査を始めた。

 爆発後、駅は閉鎖された。近くにあるベルギー有数の観光名所である広場グランプラスも、立ち入りが制限された。(ブリュッセル=津阪直樹)

(朝日新聞デジタル 2017年06月21日 06時58分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)