「半ズボン禁止の校則はおかしい」 男の子たちがスカートで登校

投稿日: 更新:
SIMON HALL
Twitter | Simon Hall
印刷

イギリス南西部の学校で、男子生徒が姉妹や女性の友人から借りたスカートをはいて登校した。

彼らはただ単にスカートが好きなのではない。スカートは、自分たちの声に耳を傾けてくれない学校への抗議の「象徴」だ。

「スカートの抗議」が起きたのは、イギリス・エクスターにあるセカンダリースクール(11〜16歳の生徒が通う学校)「イスカアカデミー」に通う男子生徒。ガーディアン紙によると6月21日、5人の男子生徒がタータンチェックのスカートで登校した。



この週の初め、エクスターは30℃を超える猛暑に見舞われた。生徒や親が、制服の長ズボンでは暑すぎるので、半ズボンをはきたいと教師に訴えた。しかし学校は、校則を理由に却下した。

イスカアカデミーの校則では、女子生徒はパンツとスカートから好きな方を選べる。しかし男子生徒は足をすべて覆う長ズボン着用が義務づけられ、半ズボンは禁止されている。

あまりの暑さに、「女子は足を出すのを許されているじゃないか」と男子生徒たちが反論すると、学校側は「もしはきたかったら、スカートをはいてもいいですよ」と皮肉まじりに言った、と地元のニュースサイト・デボンライブは伝えた。

14歳の息子を持つ母は「息子は、半ズボンをはきたがっていたのですが、もしはいたら別室に隔離されると言われました」とデボンライブに語った。

「校長先生は、『スカートならはいていい』と言いました。先生は、皮肉を込めたんでしょう。だけど子供たちは言葉を文字通り受け取って、スカートをはいて登校したんです。スカートならいいと言った手前、制服のスカートをはいている限り学校は何もできませんでした」

またこの母親は、不当な扱いに声をあげることに年齢は関係ないと話している。

「自分は長ズボンや靴、それに年上の子たちはブレザーを着なければいけないのに、女性の先生がサンダルを履き涼しい装いをしているのを見た子供たちは、この暑さで半ズボンをはけないのはフェアじゃないと感じました」

ガーディアン紙によると、スカートの抗議に加わった男子生徒の数は、翌日の22日には約30人に増えた。スカートをはいた感想を聞かれると「気持ちいい」「風通しがいい」と答えた。また、足の毛が気になったのでカミソリで毛を処理したと話す男の子もいた。



スカートで登校する男の子たち

「スカートの抗議」がメディアで大々的に取り上げられた結果、学校側も対応せざるをえない状況になった。

イスカスクールのエイミー・ミッチェル校長は、学校のウェブサイトにこう発表した。

「ここ数日、異例な暑さが続いています。生徒と先生の両方が過ごしやすい環境にするように、規則を調整します」

「男子生徒の半ズボン着用は、現在認められていません。生徒と家族に相談するまでは、その校則を変えるつもりはありません。しかし、これからさらに暑い日が続くでしょう。それにあわせ今後校則の改正を考えています」

スカートの抗議に加わった男子生徒の母親のひとりは、以下のようにBBCに語った。

「自分の権利のために、子供たちが立ち上がったことを誇りに思います。いつも男女平等と言っていますが、制服も平等であるべきです」

▼60年代のミニスカート(画像集)▼

Close
60年代のミニスカート
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら

訂正箇所を連絡