【小林麻央さん死去】市川海老蔵「息を引き取る瞬間、愛していると言って旅立った」記者会見で語る(動画中継・一問一答をテキスト速報)

投稿日: 更新:
EBIZO
東京・渋谷の劇場で記者会見する市川海老蔵さん | Kei Yoshikawa/HuffPost Japan
印刷

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが6月23日午後2時30分から東京・渋谷区の劇場で行われている記者会見で、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなったことを正式に公表した。34歳だった。

※動画プレーヤーが表示されない方、動画が再生できない方はこちら
※生中継は諸事情により、時間の変更等の可能性があります。このため開始が遅れる場合や、準備の都合上、途中からとなる場合がございます。予めご了承ください。
※現地のインターネット回線状況により、生中継を一時中断もしくは中止する場合があります。

海老蔵さんの冒頭発言

「昨日夜に妻、麻央が旅立ちました。それによりまして、いろいろございます。家族としてなすべきこと、話すべきこと、子供たちとのこと、そういった時間で、思ったより皆さまに伝わったということが早かったということで、急きょ皆さまにお時間を作っていただきました。多くの人にご迷惑がかからないように、ブログやアナウンサー時代から妻のことを応援してくださった皆さまへのご報告として、こういった席を設けさせていただきました」


■記者団との一問一答

——どなたが看取られてどんな言葉を交わされたのでしょうか

私が昨日も舞台でございました。(姉の)麻耶さんと麻央のお母さんがずっと看病しておりました。お母様からLINEが来てたんですが、約1時間半ほど遅れて見たら「具合が悪い」とお医者様が来ていて「家族を呼んだほうがいい」と。

私もあわてて家に帰ったわけです。帰ったときには麻央は、まだこの世にいてくれて、たまたま、本当にたまたまなんですけど、私がちょうど妻のそばに座って、呼吸が苦しそうだったので大丈夫かなと。一昨日までは、しゃべれたんですけど、昨日は、ずっとしゃべれずにいたので…。

これは本当に不思議な話ですけど、息を引き取る瞬間を私は見てました。そのとき、不思議なんですけど「愛してる」と言って、彼女が…。その一言を言って…(海老蔵さん、涙ぐむ)。泣いちゃいますよね。その一言、「愛している」と言って、そのまま……旅立ちました。

——愛していると言う言葉は、麻央さんは受け止めたようですか?

僕が言ったわけではなくて、彼女が旅立つ間際に「愛してる」と。「る」が聞こえたかどうかは分からないですけど。旅だったのがなんというか、こんなに愛されていたのは、よく分かってたんですけど、最後の最後まで愛してくれていたことに……。(号泣する海老蔵さん)何とも言えませんね。すいませんね。昨日の今日で何の準備も出来てなくて、お見苦しいところを。

——ご自宅で送ってあげることができたのは、良かったですか?

それは良かったと思います。お母様もお父様も私もお兄様も麻耶さんも子供たちも、そばで見てあげられていたのは。私も父を病院で亡くしているので、病院のときとは違う。家族の中で、家族とともに一緒にいられた時間というのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思います

——お子様も含めて

はい、子供たちも見ていました。

——麻央さんはつらい中でも笑顔を通してきましたが、そんな姿をどう思いましたか?

おっしゃる通り、笑顔と勇気と愛情。決してぶれない自分。そして、どんな状況でも相手のことを思いやる気持ち。まあ、愛ですよね。そういった力が最後までぶれずに。一昨日まで笑顔で…。笑顔で話していて、一昨日は調子が悪かったので、家族も戸惑った部分も大きかったです。

——海老蔵さんにとって麻央さんはどんな存在でしたか?

とにかく、私をどんな部分も、どこまでも愛してくれてたんだ。存在っていうのは…。できれば、ずっと一緒にいて、私の方が先に逝った方がもっと幸せになったかもしれない。私が役者として成長する過程を見守ってもらいたかった存在です。

——麗禾ちゃんと勸玄君の様子は?

(5歳の娘)麗禾(れいか)は麻央の前を離れませんでした。彼女の前で寝るといって、寝ました。(母の死を)認識しているとは思いますね。

(4歳の息子)勸玄(かんげん)はまだ分かっているところもあるけど、分かっていないところもあって、麻央の顔を触ったり、足をさすったり、そういうところを見ると、やらなくてはならないことが子供たちに対してはあるなと痛感しました。

——奥様から学んだ大切なこと、どんなことを伝えて行きたいですか?

元気になったら、彼女は自分が歩んできた過程の病い。乳がんに対して、こうしたい、ああしたい。多くの人に救いになれるような存在になりたいと一所懸命、闘病していました。マスコミさんのお陰で公になって本当にありがたかったと思います。ブログを始めて、同じ病いの人達で苦しんでいる人と、悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は、私からすると、人ではないというか、なんというか、すごい人だなというか。まあとにかく総合的に教わったこと、また今後も教わり続けることは、「愛」なんだと思いますね。

——3年間、闘病生活をしていましたが今、海老蔵さんの中に浮かんでくる麻央さんの姿はどういう表情ですか?

全部ですね。初めて会ったときの彼女から、今の今日の朝まで、全部、全部ですね。

——笑顔が多かったでしょうか

笑顔が?そうですね、多かったと思います。

——今までいろんなはなしを麻央さんとされてきたと思うんですけどもちろん最後の「愛してる」という言葉もそうだと思うのですが、海老蔵さんに対してのお話、子供さんたちへのお言葉で印象的な言葉はありますか?

子供達に対しては、心残りだと思いますよ、どうすればいいんだろうって考えても答えがでなかったものだと思います。いろんなことを考えて、今回も(舞台に)せがれが出ているんですけど、そういうのを見にくることを目標にして頑張ってました。きっと見ていると思いますよ。

——海老蔵さんが託されたことは?

子供の稽古のことや成長のこともありますし。お母さんという存在は子供達にとって、これから必要じゃないですか。僕は代わりにはなれないですが、これからできることをやっていきたと思います。

——麻央さんは改めてどんな奥さんでしたか?

どんな奥さんかは…。分かりません。僕を変えた奥さんじゃないでしょうか。

——プロポーズでは来世も一緒に。

そのつもりです。その話もしました。僕が愛想をつかされないようにしないと。

——改めて麻央さんに?

昨日の今日なんで、こういうのも聞いてると思うんで。言わなくても伝わると思うんで。

麻央のブログに麻央の存在で励まされた方がいるというと、こういう風にご報告するのもどうかと思います。麻央とともに戦ってる方々に昨日、皆さまのそばにいると思うので、本当に有り難うございました。



■これまでの経緯

海老蔵は同日朝に自身のブログを更新し、「人生で一番泣いた日です。」と報告。「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ、宜しくお願い致します」として、重大な出来事があったとことをうかがわせた。

同日8時53分に再度ブログを更新し、「なるべくいつも通りに過ごします」と記した。その後、12時から「市川海老蔵 第四回 自主公演 ABKAI~ 石川五右衛門 外伝 ~」に出演した。

ebizo

乳がんで闘病中の妻・小林麻央さん(34)は5月29日に退院し、その後は自宅で療養していると自身のブログなどで報告していた。

がんが顎(あご)に転移したことや、足のむくみや食欲不振なども綴っていたが、6月20日には母親が絞ったオレンジジュースを飲んでいるという報告とともに、明るい笑顔を投稿していた

▼2017年に亡くなった著名人のスライドショー▼

Close
2017年に亡くなった著名人
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

※表示されない場合はこちらへ。

小林麻央、がんと闘った日々を振り返る 34歳で死去、ブログで病状報告



小林麻央さんの早すぎる死を悼む声 宮本亜門さん「全てが美しい方でした」



小林麻央さんの訃報を伝える弁護士のツイート、なりすましか「全く赤の他人です」




小林麻央さん、テレビで夫・海老蔵さんへの思い語る 「チャンスを神様下さい」