NEWS

「トランプ大統領の100の嘘」ニューヨーク・タイムズの紙面を埋め尽くす

2017年06月27日 01時17分 JST

ニューヨーク・タイムズ(NYT)の6月25日の紙面に、「トランプ大統領が就任以降についた100の嘘」が、でかでかと掲載された。6月21日までの就任113日間のうち、少なくとも74日は真実ではないことを述べたという。

これは、ネット上に掲載された記事を紙面用にデザインしたもの。次のような、真実ではない発言が取り上げられている。

・「私は14〜15回タイム誌の表紙になった」(実際には11回)

・「(就任式の)観客は過去最大」(オバマ大統領の2009年の就任式のほうがはるかに多い

・「NYTは私に関する間違った報道を行い、読者に謝罪した」(NYTは決して謝罪していない)

ニューヨーク・タイムズは「真実ではない発言がなかったのは、Twitter上から消えていた日だ」と指摘。さらに、トランプ大統領がTwitter上に居なかった日について、「フロリダの別荘で休暇を取っていたか、ゴルフで忙しかった日」などと皮肉った。

なお、ニューヨーク・タイムズの新聞の紙面は、日本とは異なる大きさだ。これは新聞を印刷する「輪転機」のサイズが違うためだが、日本の全国紙のサイズと比べると、次のように違いが見られる。

newyorktimes


▼「トランプ政権の100日間」画像集が開きます▼

トランプ政権の100日間


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちら

【関連記事】
trump
トランプ的な行為・行動を、「トランプる(Trumple)」と呼ぶことに!