NEWS

格闘技選手、試合中におもわず脱糞。その後のツイートがカッコいい

2017年06月26日 23時35分 JST | 更新 2017年06月28日 01時21分 JST

6月25日に開催された、ジャスティン・キッシュ(上) vs フェリス・ヘリッグの試合

アメリカの総合格闘技「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」で、選手が脱糞するというハプニングが起きた。

異変が起きたのは、オクラホマシティで6月25日に開催された女子ストロー級のジャスティン・キッシュ選手 vs フェリス・ヘリッグ選手の試合。

キッシュ選手が試合の途中で排便してしまい、排泄物がついたマットの上で戦いが続行される様子が動画が投稿された。

「ジャスティン・キッシュが試合中に脱糞」

総合格闘技サイト「MMAジャンキー」によると、キッシュ選手は気を失う寸前だったが、試合の最後まで持ちこたえたという。

試合は全員一致の判定で、キッシュ選手が負けてしまったが、キッシュ選手は試合後、#ShitHappens(クソをしてしまった)というハッシュタグつきで、こんなツイートをしている。

「私は戦士だ。クソをしたからといって戦うのをやめたりしない。またすぐに試合で会おう」

さすがファイター。クソかっこいい。

2017-06-27-1498537209-5338937-JUSTINEKISH_original.jpg

ジャスティン・キッシュ選手

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼UFC女子選手の試合(画像集)▼

UFC女子選手の試合


※画像集が表示されない場合は→こちら