トルドー首相、LGBTパレードにラマダン靴下で参加「ダイバーシティがカナダを強くしてきた」

投稿日: 更新:
JUSTIN TRUDEAU
(Photo credit should read GEOFF ROBINS/AFP/Getty Images) | GEOFF ROBINS via Getty Images
印刷

現役首相として、2016年に初めて国内のレインボー・プライドに参加したカナダのジャスティン・トルドー首相。カナダ・トロントで6月25日に開催された2017年のプライドパレードにも、家族で姿を見せた。

2017-06-27-1498540585-6869061-JUSTINTRUDEAUJUNE25_original.jpg
トロントのレインボープライドに家族と一緒に参加したトルドー首相(Photo credit should read GEOFF ROBINS/AFP/Getty Images)

パレードでは、専属写真家のアダム・スコッチ氏が、首相がレインボーフラッグを持ち、映画「ワンダーウーマン」のティアラをつけた女の子とハイタッチする写真を撮影したが、その首相の足元にのぞきみえる靴下が注目を集めた。 



これまで、スターウォーズなど様々なデザインの靴下をはいて話題をさらってきたトルドー首相。この日はいていたレインボーカラーの靴下に書かれているのは「イード・ムバラク」の文字だ。

2017-06-27-1498542448-9602910-Screenshot2017062714.15.51.png
テレグラフ紙によると、首相がはいていたのは、トロントの靴下ブランド「ハラル・ソックス」が販売するこの靴下。

「イード・ムバラク」は、ラマダン明けを祝う「イード・アル・フィトル」で使われるあいさつ。SNSでは、文化的多様性を大事にする首相らしい靴下に、賛同する声が投稿された。

「全てにただ寛容であるのではなく、全てを祝う。カナダのトルドー首相は、イードの靴下を履いて、家族と一緒にトロントプライドのパレードを歩いた」

「トルドー首相がイード・ムバラクと書かれたレインボー靴下を履いてプライドバレードに参加。トランプ大統領は、オレンジ色の服で、レインボープライドは無視。ゴルフをしていたようだね」

プライド当日、レポーターたちにマイクを向けられた首相はこう語っている。



「カナダを素晴らしくて強い国にしているのは、幾つもの重なりあうアイデンティティです。そして今日は、全てのLGBTQコミュニティを祝います」

またこの前日、ラマダン明けを目の前にして、首相は次のような声明も発表した。

「今夜の夕暮れ、カナダや世界中のイスラム教徒が、ラマダン明けをイード・アル・フィトルで祝います」

「カナダの文化的ダイバーシティは、カナダの強さと誇りの源です。今年、カナダは建国150周年です。イスラムコミュニティーが、私たちの国をつくる上で大きな貢献をしてきました」

頬にレインボーのメープルリーフを描きイード・ムバラクの靴下を履いて、LGBTとイスラム教徒という“マイノリティ”に同時に敬意を表したトルドー首相。

パレードでは、レインボーのターバンをまいた参加者と自撮りをするなど、多くの人たちと多様性を祝った。









トルドー首相のツイート。「Love is love(愛は愛だ)」

▼自撮りに応じるトルドー首相(画像集)▼

Close
自撮りに応じるトルドー首相
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


※画像集が表示されない場合は→こちら