真鍋かをり「問題視はおかしい」 公用車で保育園送迎した金子恵美議員を擁護

投稿日: 更新:
KAORI MANABE
眞鍋かをり  撮影日:2013年05月13日 | 時事通信社
印刷

金子恵美総務政務官(自民・衆院新潟4区)は6月30日、自身のブログで、子供の保育所への送り迎えに公用車を使ったことを明らかにした。この問題について、30日放送のTBS系「ビビット」に出演したタレントの真鍋かをりさん(37)が「私が一番腹立たしかったことは、金子さんのことが問題として議論されていること自体がおかしいなと思います」と訴えた。

この問題は、29日発売の『週刊新潮』が、税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど私的な目的のため使用した「公私混同」と報道したことに端を発した。金子氏はブログで「常に総務省の運用ルールに則ってまいりました」と問題はないとの認識を示した。

真鍋さんは番組で、次のように訴えた。

このケースで仕事の途中で保育園に送っていくことがダメなんだったら、もう働くお母さん誰1人、仕事と子育て両立できないと思うんですよ。

否定的な意見も同じお母さん世代から出ているみたいなんですけど、結局、なんかそれって回り回って自分の首を絞めることにもなるんじゃないかと私は思ってしまって、ご自身はブログで釈明されていましたけど、自民党の中から誰か、子育て中の議員さんは全力でサポートします、それで何がいけないんですかって誰か言ってほしかったなあって。

このコメントに対し、テリー伊藤さんは「金子さんが言えばよかったんです」と話すと、真鍋さんは「本人が言ったらまだ角が立ちます」と答えた。さらにテリー氏が「それも主張してもいいと思うんですよ。僕は大した問題じゃないと思っているから。逆にこういう時にこそ矢面に立って言ったっていいと思うんですよ」と強調した。

真鍋さんは2015年10月に第一子を出産している

一方、元宮崎県知事の東国原英夫氏は30日、自身のTwitterにこの問題についての自身の「政治家としての感性・資質を疑う」と金子氏を批判。さらに「とある女性タレントさんが出演番組で擁護されたらしい」とも記し、真鍋さんのこの意見に反論したとみられる。

megumi kaneko
「乳児用液体ミルクの普及を考える会」で発言する自民党の金子恵美衆院議員=東京・千代田区の衆議院第二議員会館 撮影日:2017年06月13日

■金子氏は「私的な目的前提ではない」

金子氏はブログで、総務省や議員会館での公務のついでに会館内の保育所に立ち寄ったことを認めたものの、「私的な目的のために、つまり保育所の送り迎えを前提に、公用車を呼び出し使用したというような事実は一切ございません」と否定した。

一方で、公用車に家族を同乗させることに対する批判については「仕事と家庭の両立に悩みながら、日々をなんとかやり繰りされているご家庭の皆様、保育所にお子さまを預けることができず不安な日々を送っておられる皆様に、不快な思いをさせてしまったのではと、心より申し訳なく思う次第です」と陳謝した。

さらに金子氏は、今後は公用車に子供を同乗させない意向を示した。高市早苗総務相が30日の閣議後会見で明らかにしたという。


▼画像集が開きます▼

Close
【鼎談:疋田智さん×眞鍋かをりさん×松浦編集長】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事金子恵美議員、国会でのポケモンGOは「仕事の一環」→上西小百合氏が皮肉...

眞鍋かをり、元イエモン吉井和哉と結婚 ブログで公表