【ビキニの日】米軍の原爆実験から「ビキニの水着」が命名されて71年

投稿日: 更新:
印刷

7月5日は「ビキニの日」。フランス人のルイ・レアールが1946年7月5日、露出度の高いツーピースの水着をパリで発表。「ビキニ」と命名して世の中に普及した。

micheline bernardini
世界初の「ビキニ」の水着

このビキニという名前、実は米軍の原爆実験から生まれたことをご存じだろうか。

レアールの水着が発表される4日前の7月1日、21キロトン級の原爆「エイブル」が、太平洋のサンゴ礁「ビキニ環礁」に投下された。この原爆の破壊力になぞらえて、レアールは自身が発案した露出度の高い水着を「ビキニ」と命名したのだった

crossroads able
1946年7月1日、ビキニ環礁に投下された「エイブル」

ビキニ環礁では1958年までに、計67回の核実験が実施された。アメリカのスミソニアン協会によると、2017年現在も放射線量が多すぎるために、当時の島民の帰還は実現できていない。

ビキニが誕生して71年たつが、ビーチを彩るビキニの女性たちを見かけたら、その陰に隠れた悲しい島の歴史に思いを馳せてみてもいいかもしれない。


■関連スライドショー(セレブの自撮りビキニ)

Close
セレブの自撮りビキニ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


(※開かない場合は、こちらへ)