北朝鮮、ICBMの発射成功と発表「世界のどこでも攻撃できる核強国に」(発表全文)

投稿日: 更新:
NORTH KOREA
韓国で「特別重要報道」の放送を眺める人たち | Kim Hong-Ji / Reuters
印刷

北朝鮮は7月4日午後3時半(日本時間)、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した」と発表した。国営放送の朝鮮中央テレビが「特別重大報道」として伝えた。

朝鮮中央テレビによると、弾道ミサイルの名称は「火星14号」。現地時間の午前9時(日本時間午前9時半)、北西部から日本海に向けて発射した。ミサイルは約39分間にわたって飛翔し、「日本海公海上に設定された目標水域を正確に打撃した」と伝えた。金正恩・朝鮮労働党委員長が現地を視察したという。

特別重大報道では弾道ミサイルの軌道について、「頂点高度2802kmまで上昇し、933キロ飛行した」と説明。最大射角の発射体制で実施し、「周辺国の安全にいかなる否定的な影響も与えなかった」と主張した。

北朝鮮がICBMの発射実験の実施を発表したのは初めてで、「核兵器とともに、世界のどの地域でも攻撃できる最強のICBMを保有した核強国になった」と強調。その上で、「アメリカの核戦争の脅威を終息させ、朝鮮半島の平和と安全を守っていく」と訴えた。

「特別重大報道」の全文書き起こしは以下の通り

----

我が党と国家、軍隊の最高領導者である金正恩同志は大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射を断行せよと命令しました。

我が党と国家、軍隊最高指導者である金正恩同志は主体106(西暦2017)年7月4日、大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射を断行せよと親筆命令なさいました。敬愛する最高領導者である同志からの直接的指導の下で進められた大陸間弾道ロケット「火星14号」の成功的発射に関する、朝鮮民主主義人民共和国・国防科学院報道が発表されます。

朝鮮民主主義人民共和国・国防科学院報道。大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射、成功。

朝鮮労働党委員長であり、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長であり、朝鮮人民軍最高司令官であられる、我が党と国家、軍隊の最高領導者である金正恩同志の戦略的決断によって、朝鮮民主主義人民共和国・国防科学院の科学者、技術者たちは新しく研究・開発した大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射を成功的に進めた。

大陸間弾道ロケット「火星14号」は主体106、2017年7月4日午前9時、我が国の西北部地帯から発射され、予定された飛行軌道を辿って39分間飛行し、朝鮮・東海の公海上に設置された目標水域を正確に打撃した。

試験発射は最大射角の発射体制で進められ、周辺国家の安全にどのような否定的な影響も与えなかった。

大陸間弾道ロケットは頂点高度2802kmまで上昇し、933kmの距離を飛行した。
我が党と国家、軍隊の最高領導者である金正恩同志は大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射過程を現地で直々に観察なさり、その輝く成功を世界万邦に厳かに宣言なさった。

国家核武力の完成のための最終関門である大陸間弾道ロケット「火星14号」実験発射の一度の成功は、偉大な朝鮮労働党の新しい「並進路線」の旗印により非常にはやい速度で強化・発展した主体朝鮮の不敗の国力と、無尽で屈強な自立した国防の威力に対する一大示威で、世界をおいて、威力の強い国防を渇望してきた我が共和国の歴史の特記する大慶事、特大事変となる。

朝鮮民主主義人民共和国は核兵器とともに、世界のどの地域も攻撃できる最強の大陸間弾道ロケットを保有した堂々とした核強国として、アメリカの核戦争脅威の恐喝を根源的に終息させ、朝鮮半島の平和と安全を頼もしく守っていくだろう。

主体106(西暦2017)年7月4日、平壌。

-----

■ミサイル発射、今年に入って11回目

一方、日本の防衛省などは、弾頭ミサイルについて、高度約2500キロを大きく超え、約40分間に渡って約900キロ飛翔したとの見解を発表。2500キロの高度は過去最高で、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。詳しい地点は分かっていないが、航空機や船舶への被害情報は確認されていないという。

また韓国・聯合ニュースは韓国軍の情報として、ミサイルが約930キロ飛行したと伝えている

北朝鮮のミサイル発射は6月8日以来で、2017年に入ってから11回目。このうち10回が弾道ミサイルだった。EEZ内に落下したのは5回目で、5月29日以来。

一方でアメリカ太平洋軍は、北朝鮮が発射したのはICBMではなく中距離弾道ミサイルだったという見方を明らかにしている