【加計問題】前川喜平・前事務次官、衆院の閉会中審査で 「背景に官邸の動きあった」(テキスト中継)

投稿日: 更新:
MAEKAWA
衆院文部科学・内閣委員会の連合審査会に臨む参考人の前川喜平前文科事務次官(中央)=10日、国会内  撮影日:2017年07月10日 | 時事通信社
印刷

学校法人「加計学園」が国家戦略特区で獣医学部の新設を認められた経緯などを審議するため、国会は7月10日に前川喜平・前文科事務次官らを参考人として招致し、閉会中審査を実施する。審査は衆院では午前9時から、参院では午後2時から始まる予定。

【関連記事】

前川氏は、内閣府が文部科学省に対し「総理のご意向だと聞いている」などと伝えたとする文書について、「自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と、存在を認める証言をしている。一連の文書について、政府は当初存在を否定していたが、文科省と内閣府の内部調査の結果、関連文書の存在が明らかとなった。

安倍晋三首相はヨーロッパ訪問中で出席しない。


【※】テキスト中継が表示されない場合は→こちら