沖ノ島、世界遺産に登録決定 日本推薦の8資産、全て認める

投稿日: 更新:
OKINOSHIMA
時事通信社
印刷

沖ノ島を世界遺産登録 事前勧告から一転、8資産認める

 ポーランドのクラクフで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は9日、福岡県の「沖ノ島」を世界文化遺産に登録することを決めた。構成8資産のうち、ユネスコ諮問機関が4資産について「除外」を事前勧告していたが、世界遺産委は一転して8資産の一括登録を認めた。

 今回の登録で国内の文化遺産は17件、自然遺産と合わせた世界遺産は21件になる。九州からは2015年の「明治日本の産業革命遺産」(九州・山口地域など8県)以来となる。

(朝日新聞デジタル 2017年07月09日 18時12分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)