ライフスタイル

コーヒーは健康にいい。16年間、調べてわかったこと(研究結果)

2017年08月13日 22時42分 JST | 更新 2017年08月13日 22時42分 JST

ice cofee

TWOMEOWS VIA GETTY IMAGES

コーヒー好きな人に朗報だ。2つの新しい研究結果があなたの好みを肯定する。

7月に発表された研究は、コーヒーと健康状態との関係性を明らかにした。2つの研究結果とも、コーヒーを飲めば飲むほど心臓病などの死亡リスクが下がることを示唆している。その効果は、デカフェ(カフェイン抜き)でもカフェイン入りコーヒーでも同じだった。

1つ目の研究では、研究者は、アフリカ系アメリカ人、日系アメリカ人、ハワイ先住民、ラテン系、白人を含む、複数の人種にまたがる18万5000人のデータを16年間に渡って調査した。研究者は、コーヒーの消費パターン、個々人の健康データ(たとえば喫煙するか、あるいは持病があるか等)を質問によって調べた。

研究は、コーヒーの消費が多いほどハワイ先住民を除く、全人種で死亡リスクの低減につながると結論づけた。ハワイ先住民には目立った差はなかった。1日に2〜4杯のコーヒーを飲んでいた人は、飲まなかった人にくらべて、心臓病、脳卒中、がんなどの病気で死亡するリスクが18%低かったという。

もう1つの研究は、1つ目の研究とは無関係で、ヨーロッパ10カ国の52万人を16年に渡って調べたもの。研究者は、コーヒーの消費が死亡リスク、とくに消化器系と循環器系の病気による死亡リスクを低下させたことを発見した。この効果はすべての国で見られ、場所による差異はなかった。

ただこれらの研究については少々反論すべきことがある。1つ目の研究では、コーヒー1杯を8オンス(約240cc)と定義しているが、コーヒーの種類や中に何が入っていたかは分からない。そのため、クリームや砂糖などの添加物、あるいは豆の種類などが違いをもたらすかどうかははっきりしない(飲み物に何かを加えると、カロリーを高くなり、健康にはあまり良くないので、注意したほうが良い)。また研究では、個々人が飲んだコーヒーにどのくらいカフェインが入っていたかも調べられていなかった。

研究が明るい結果をもたらしたとはいえ、コーヒーは寿命を延ばす魔法の薬だと期待して、ガブガブ飲んではいけない。研究者は「コーヒーを飲むことが病気を防ぎ、寿命を延ばす方法だと推奨するには、まだ十分ではない」とNBCの「トゥディ」は報じている。

コーヒーの効果を検証するには、さらなる研究が必要だろう。同時に、あなたの健康を増進させるには、健康的な食事を心がけること、ストレス管理や運動など体に良い生活習慣を維持することが得策だ。

とはいうものの、これらの新しい研究は「コーヒーはストレスを軽減し、肝臓の健康に効果があり、頭脳を明晰に保つ可能性がある」と示した以前の研究を補強するものだ。だから、もしあなたがコーヒー好きならその習慣を続けるといいだろう。

ああ、コーヒーを飲みたくなってきた。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳・編集しました。

▼(画像集)▼

アイスコーヒーのレシピ


※画像集が表示されない場合は→こちら

【関連記事】

平日はシンプルな家事でいい。ストレスの少ない、ドイツの合理的な食生活

housekeeping

家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由

yoshiharu doi