ライフスタイル

トランプ大統領、マクロン大統領の妻ブリジットさんに「スタイルいいね。美しい」⇒批判殺到

2017年07月15日 01時05分 JST | 更新 2017年07月15日 01時05分 JST
POOL NEW / REUTERS

ドナルド・トランプ大統領にとって、全ての女性の価値基準は「見た目」なのだろうか。

フランス革命記念日の記念式に出席するため、妻のメラニアさんと共に7月13日にパリを訪問したトランプ大統領。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領と妻のブリジットさんに歓迎された後、4人でパリにある軍事ミュージアムを訪れたが、そこでトランプ氏はブリジットさんの容姿に言及。

「あなたはとてもスタイルがいい」と言った後、夫であるマクロン大統領にむかって「彼女の体型は素晴らしいね」「とても美しい」と発言した。

「フランスのファーストレディに『とてもスタイルがいい』というトランプ大統領」

ブリジットさんは、夫の大統領選でスピーチのアドバイスや公約づくりに積極的に関わるなど、積極的な活躍が注目を集めるファーストレディーだ。

マクロン氏を大統領にした影の立役者的な存在と言われ、大統領自身も「彼女がいなければ、現在の私はない」と述べている。

2017-07-14-1500003927-8278242-BRIGITTEMACRON_original.jpg

活躍が注目されるブリジット・マクロンさん(REUTERS)

トランプ大統領は、これまでにも女性を外見で判断する女性差別的な発言を続けている。

6月には、就任したばかりのアイルランド首相レオ・バラッカー氏にお祝いの電話をした際に、アイルランドメディアの女性レポーターを呼び寄せて「彼女の笑顔はとても素敵だ」と発言した。

また、自分に批判的なキャスターには「シワ取り整形手術で血を流していた」などと、外見を攻撃するツイートを投稿している。

他国のファーストレディーに対しても続く女性差別的な発言は、多くの人たちの怒りと失望を買い、Twitterではトランプ大統領の振舞いが無礼でふさわしくないと非難する投稿が並んでいる。

ノーーーーーーーーー。ブリジットは、メラニアの腕をとっさにつかんでいるけれど、気持ちの悪い人に出会った時に女性がとる行動だ。

どんな会社でも、女性にこんな言葉をかけたら、人事に通報されるだろう。

毎年、会社でハラスメントトレーニングをしているけれど、トランプのコメントはそこで出てくるハラスメント発言にほぼ近い。

連邦政府の仕事をしているけれど、こんなこと言ったらクビになる。

マジで?これを本気で大統領の妻に言うの? 一体どこの世界でこんな発言が適切だと考えられているの?信じられない……。

自分の妻の前で、他の女性にこんなことを言う人がいる?しかも、同意を求めるように夫を見ている。まるで彼女が動物園の動物であるかのように。

トランプをどこにも行かせられない。またアメリカが恥をかく。

何でこの人はこうなの……。

マダム・マクロン。無作法な振舞いに対して謝罪します。これがアメリカ人ではありません。

フランスからアメリカに送られた自由の女神も……。