ふるさと納税、返礼品は「大切な人の見守り」 一体どんな取り組み?

投稿日: 更新:
FURUSATO NOZEI
協定締結式に臨んだ橋本克也市長(右)と、郡山ヤクルト販売の長谷川進社長=須賀川市役所 | 須賀川市役所
印刷

ふるさと納税のお礼に「あなたの大切な人見守ります」

 ふるさと納税の返礼品は大切な人の見守り――。福島県須賀川市が乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売会社と組み、こんな事業を始めた。寄付者が指名した市内の高齢者らの自宅にヤクルトの配達員が訪れ、安否や体調を確認してくれる。市によると、県内の自治体では初めての取り組みだという。

 市によると、2005年の国勢調査で8万364人だった人口は15年の調査では7万7441人に減少。反対に一人で暮らす65歳以上のお年寄りは1393世帯から、1・6倍の2255世帯に増えている。

 事業は市内を配達エリアにしている「郡山ヤクルト販売」(郡山市)と連携。寄付者が指名した世帯に配達員が週に1回、ヤクルト製品7本を届ける。

 お年寄りたちの話し相手になるなどして体調を確認し、気にかかることがあれば寄付者に報告する。緊急の場合は救急車を要請したり、市に通報したりする。

 3カ月の見守りで寄付額は2万5千円から。指名対象はお年寄りを想定しているが年齢に制限はなく、肉親以外でもよい。高齢者夫妻など一人暮らし世帯以外も指名できる。寄付者は市外に住む人に限り、必ず対象を指名しなければならない。13日から市のホームページで募集を始めている。

 13日にあった事業協定の締結式で橋本克也市長は「ふるさと納税の趣旨に立ち返った制度。ふるさとや家族を思う人たちの期待に応えたい」と話した。(鈴木剛志)

(朝日新聞デジタル 2017年07月15日 16時01分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡