NEWS

『ONE PIECE』ハリウッドで実写ドラマ化 尾田栄一郎「ファンを絶対に裏切らない事。これが僕からの条件」(コメント全文)

2017年07月21日 00時04分 JST | 更新 2017年07月21日 00時14分 JST
『ONE PIECE』ポータルサイトより

oriconnews

『ONEPIECE』ハリウッド版実写ドラマ化発表【尾田栄一郎氏コメント全文】

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎氏)の連載20周年記念記者発表会が21日、東京・ワンピースタワーで行われ、同誌の中野裕之編集長から「ハリウッドで実写ドラマ化」されることが発表された。海外ドラマ『プリズン・ブレイク』などを制作したトゥモロースタジオが手掛ける。

同漫画は“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指し、麦わらの一味が大海原を航海する海洋冒険ロマンで、1997年から『週刊少年ジャンプ』で連載を続ける長寿作。コミックスの国内累計発行部数は3億5000万部を超え、現在は42以上の国と地域でも刊行、その“冒険”を世界にもとどろかせている。

会見ではそのほか、日本記念日協会が連載開始記念日である7月22日を「ONE PIECEの日」に制定、集英社が発行している女性ファッション誌『Seventeen』『non-no』や文芸誌『すばる』など28誌の表紙ジャック、京都府とコラボする体験イベント『ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~』の開催などが発表された。

会見には、結婚を発表したばかりのお笑いタレントの横澤夏子(27)も駆けつけた。ウェディングドレス姿で登場すると「旦那さんが『ONE PIECE』が好き。私に似てるキャラはいる? って聞いたら『求婚のローラ』って言われました」と幸せいっぱいに語った。

■イベントで発表された尾田栄一郎氏のコメント

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。

僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、

紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を

迎える今日、その製作発表に至ったのは

実は偶然であり、とても嬉しく思います。

まず「20年間作品を支えてくれているファンを

絶対に裏切らない事。」これが僕からの条件です。

不安の声もあがるでしょうが

どうか期待の声をください。

そして胸を躍らせ、続報をお待ちください。

お楽しみに!! 

尾田栄一郎

■トゥモロースタジオ、マーティ・アデルステイン氏のコメント

私は20年にわたる『ONE PIECE』のファンです。

今回、大切な作品を集英社と尾田氏が託してくれたことを光栄に思います。

私の持っている全てを掛けて『ONE PIECE』のシリーズを絶対に成功させる意気込みです。

今作品は、テレビドラマ史上、最も制作費がかかる作品になると思う。

そして世界中の注目度を考えると、このような規模の制作費を投じる価値がある。


【関連記事】