NEWS
2017年07月22日 22時12分 JST

虐待された子ども預かる「一時保護所」を全国調査へ 劣悪施設を点検

虐待の子ども「一時保護所」全国調査へ 劣悪施設を点検

 虐待された子どもたちを受け入れる「一時保護所」について、厚生労働省は初めて全国的な実態調査に乗り出す方針を固めた。児童虐待の急増で利用が増えており、劣悪な環境の施設がないか点検する狙い。生活環境や職員の対応を調べ、改善につなげる。

 調査は全国共通の評価基準をつくり、一時保護所が第三者機関に委託して行う予定。厚労省が25日にも開かれる有識者検討会で方針を示す。

 一時保護所は児童相談所の付属施設で、全国に136カ所ある。虐待を受けたり非行で保護されたりした、おおむね2歳から18歳未満の子どもを一時的に受け入れる。対応件数は増加傾向で、2015年度は2万3276件で前年度から1271件増えた。

 定員を超えて受け入れている施設も8カ所あり、環境悪化が懸念されている。公的な調査は横浜市と堺市が独自に行っているだけで、厚労省が実態を把握する必要があると判断した。

(朝日新聞デジタル 2017年07月23日 05時00分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

【関連記事】

「幼児虐待の110番通報、警察が見逃してしまっている」法改正を訴え首相に要望書