NEWS

「男性機能増強コーヒー」をリコール バイアグラに似た成分を検出

2017年07月24日 16時01分 JST | 更新 2017年07月26日 16時20分 JST

インスタントコーヒーから成分表示ラベルに記載されていないバイアグラの類似成分が検出され、業者がリコール(自主回収)に乗り出した。

問題となったのは、米・テキサス州のベストハーブズ・コーヒーが販売していたハーブ系コーヒ製品。「男性機能増強」をうたって販売されていた。

アメリカ食品医薬品局(FDA)が製品を検査したところ、コーヒーから「デスメチル・カルボデナフィル」というバイアグラの有効成分であるシルデナフィルの類似成分が検出された

FDAによるとこの成分は、糖尿病や高血圧、高コレステロール、心疾患の患者に処方される薬に含まれる成分と反応して、血圧を危険な水準まで低下させてしまう可能性もあるという。

また、コーヒーからは成分表示にはない牛乳の成分も検出された。牛乳にアレルギーがある人々にとっては、命に関わる重大なアレルギー反応の危険性がある。

問題のインスタントコーヒーは2014年7月から2016年16月までネットを通じて全米で販売されていた。これまでのところ、健康被害は報告されていないという。

coffee

coffee