NEWS

満島ひかり「苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって」 Charaの新曲MVで「光を集める」

2017年07月24日 23時52分 JST | 更新 2017年07月25日 00時03分 JST

Charaのうたごえに包まれた、満島ひかり。

陽の光そそぐ部屋で、くるくるとかわる表情をみせた。

7月19日にリリースされた歌手・Charaのアルバム「Sympathy」に収録された楽曲『Tiny Dancer』のミュージックビデオ(MV)に女優の満島ひかりが出演した。監督は、これまでに「水曜日のカンパネラ」や「サカナクション」のMVを手掛けてきた山田智和氏が務めた。

「Sympathy」はCharaが書いた歌詞をもとに、「くるり」の岸田繁が作曲とサウンドプロデュースを手掛けた楽曲。愛した人を思う歌だ。

満島ひかりは自身のInstagramで本MVのメイキングの様子を公開した。

Charaの公式ホームページには、Charaが満島のラジオ番組にゲスト出演したことがきっかけで2人は親交を深め、このコラボレーションが実現したとつづられている。2人は満島がパーソナリティをつとめたJ-WAVEのラジオ番組「HELLO MY HONEY」で共演していた。

その時の"じゃれあい"の様子を、Charaは自身のTwitterで公開していた。

出来上がったミュージックビデオに対してCharaは「こんな彼女いたら毎日楽しいだろうなーーって思ったのは私だけかしら」とコメントを寄せている

また、満島は「私は、学生の頃からCharaさんの愛に満ちたオーラが大好きでした」と綴った。またMV撮影について「1日の撮影だったけど、苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって『僕は、たのしかった』と終わりに言ってくれた監督の顔が、いい顔でした」と振り返った

山田智和監督は「まるで音楽を作るように、満島さんとそこにある光を集める作業はとても幸福な時間でした」とコメントを寄せた

  • Chara 『Tiny Dancer』
  • Chara Official YouTube Channel
    「Tiny Dancer」   \n歌詞:Chara  \n作曲:岸田 繁\n編曲:岸田 繁 \n出演:満島ひかり \n監督・撮影・編集:山田智和


【※】画像が表示されない場合は→こちら


▼画像集が開きます▼

ベネチア映画祭での満島ひかり

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。




『カルテット』の4人の会話「レモン、ありますね」忘れられないのはなぜ? ドラマのあれこれ、聞いてみた。




『カルテット』の4人の会話「レモン、ありますね」忘れられないのはなぜ? ドラマのあれこれ、聞いてみた。