NEWS

妻25人子ども146人、一夫多妻の男にカナダで有罪判決 モルモン教の分派教団幹部

2017年07月25日 23時08分 JST | 更新 2017年07月26日 16時19分 JST
Todd Korol / Reuters
Winston Blackmore speaks to reporters after a Canadian court found the former leader of a breakaway religious sect guilty of practicing polygamy, in Cranbrook, British Columbia, Canada July 24, 2017. REUTERS/Todd Korol

カナダのブリティッシュコロンビア州の裁判所が7月24日、複数の女性を妻にしている被告の男2人に有罪判決を下した。カナダでは重婚を禁じる法律があり、この法律に違反していると判断された。カナダのCBCニュースなどが報じた。

ウィンストン・ブラックモア被告は妻25人、子ども146人。ジェームズ・マリオン・オラー被告には妻5人がいる。2人とも、モルモン教の分派教団「末日聖徒イエス・キリスト教会原理派(FLDS)」の幹部だ。最大5年の禁錮刑が科される可能性があるという。

FLDSは、一夫多妻性を掲げ、バウンティフルと呼ばれるコミュニティー内で自給自足、物々交換をして暮らしている。カナダ・ブリティッシュコロンビア州の山間部に約60年前から拠点を設けている。

末日聖徒イエス・キリスト教会の主流派は19世紀後半には、一夫多妻制を公式に放棄し、モルモン教の原理主義グループとの関係を断っている。

両被告は2014年に重婚の容疑で起訴された。バウンティフルのメンバーたちによって、重婚や性的虐待、児童の人身売買に関わっていると告発されてから既に20年以上が経過している。

重婚を禁じる法律は宗教の自由を認めた憲法に違反するとの見解から、両被告は20年の間、起訴はされなかった。しかし、2011年にブリティッシュコロンビア州最高裁が、重婚がもたらし得る性的虐待などの害を防ぐことは、宗教の自由を制限することより重要だとして、重婚を禁じた法律は憲法違反ではないとの判決を下した。この判決が2014年の両被告の起訴につながった。

ブラックモア氏は、これまでの裁判で、自分の行動はFLDSの規則と慣行に従っているだけだと主張してきた。判決後、記者に「私は私の宗教を生きることに罪を抱えている。それが私が今日言えるすべてのことだ。なぜなら私は信教に反することができないからだ」と語った。

ブラックモア氏の弁護人、ブレア・サフレディン氏は、裁判所に対し、カナダの法律の合憲性を問う異議申し立てを開始する予定だ。聴聞会の日は7月31日に予定されている。

▼カナダのジャスティン・トルドー首相画像集▼

カナダのジャスティン・トルドー首相