ライフスタイル

「私の髪に優しく触れて」官能を描いたイラストに、愛の美しさを感じる

2017年07月28日 17時57分 JST | 更新 2017年07月28日 18時01分 JST

優しい抱擁や、そっと重ねられた手。パートナーとのちょっとした肌の触れ合いは、一日を明るくしてくれる。

韓国・ソウルに住むアーティストのジプシーさんは、そんな愛が持つ官能的な一面をイラストにしている。

「どうして、自分の肌よりあなたの肌に触れる方が好きなんだろう」

イラストシリーズのタイトルは「Touch(触れる)」。ジプシーさんは、夫との関係からインスピレーションを得て作品を描く。

「低い声が私の耳を優しく撫でる。あなたの唇は、想像よりずっと柔らかくて特別」

ジプシーさんはイラストを描く時、夫の体やヘアスタイル、雰囲気を頭に思い浮かべる。

「作品に登場する人物は、見た目は私と夫に似ているわけではないんですが、発想は私たちの関係から得ています」と話すジプシーさん。作品を投稿しているInstagramのフォロワーは23万人を超える。

「彼の指が私の髪に触れると、ハートをくすぐられているよう」

「イラストを見た人が、自分の経験を思い出してそれがいつまでも心に残る。そんな作品になれたら嬉しい」と話すジプシーさん。

イラストで表現しようとしているのは「触れた時の感覚」だ。

「東京で、日本画のクラスに参加しました」

眺めていると、思わず愛を育みたくなるイラスト。Instagramに掲載されている中から、一部の作品をご紹介しよう。

「私の髪に優しく触れて」

「隙間なく握りあう手と手」

「首から背中のライン、汗に濡れた髪に隠れた小さくて神秘的なほくろ。あなたの全てに息をのむ」

「あなたの息が温かくて、どうにかなってしまいそう」

「雨の匂いがする。雨音の合間に、あなたが息をする音が聞こえる」

「君の柔らかさを、永遠に持ち運べたらいいのに」

「彼の香り、お天気のいい午後に太陽に当てた枕に顔を埋めた時みたい。突然抱きしめたくなる」

「彼女の胸の香り、こっそり取っておきたい」

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼「愛しているとは…」HJストーリー(画像集)▼


※画像集が表示されない場合は→こちら