NEWS

トランプ大統領、わずか10日間で広報部長のスカラムッチ氏を更迭 「妄想型統合失調症」と首席補佐官を罵倒

2017年07月31日 23時46分 JST | 更新 2017年08月02日 01時04分 JST
Mark Wilson via Getty Images
WASHINGTON, DC - JULY 26: White House Communications Director Anthony Scaramucci speaks on a morning television show, from the north lawn of the White House on July 26, 2017 in Washington, DC. (Photo by Mark Wilson/Getty Images)

アメリカのトランプ大統領はわずか10日前に就任した広報部長のアンソニー・スカラムッチ氏を更迭した。インタビューでプリーバス前大統領首席補佐官を「妄想型統合失調症」と罵倒するなど、ホワイトハウス内に混乱を招いたとして批判されていた。

トランプ氏はこの混乱にもかかわらず「ホワイトハウスにとって素晴らしい日だ」とツイートした。

サンダース報道官は7月31日、記者会見で辞任か解雇かは明かさなかったが「大統領は、スカラムッチ氏の発言が広報部長として不適切だと感じており、新任のケリー大統領首席補佐官の負担にしたくないと考えている」と語っており、事実上の更迭とみられている。

スカラムッチ氏は、元はウォール街の投資家でテレビなどでも広く活躍するコメンテーターで、トランプ氏の友人だった。

ロシア疑惑で自身を追及していたCNNの6月の記事について誤報だと認めさせ、記事に関わった記者3人は退職した。その手腕から同様に追及されているトランプ氏の長女、イヴァンカ大統領補佐官と、その夫、ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問が起用を熱望したとされている。

登用に関しては、強く反対したスパイサー前報道官が7月21日に辞任する騒ぎになっていた。また、プリーバス前首席補佐官も反対していたとされる。

スカラムッチ氏は7月26日夜「ニューヨーカー」のイアン・リザ記者に対して、プリーバス氏について「妄想型統合失調症」だと話した

インタビューで同僚を罵倒したきっかけは、スカラムッチ氏がライアン記者がツイートした「26日夜にトランプ氏、スカラムッチ氏、人気司会者のショーン・ハニティらが夕食会を開いた」とする内容について、プリーバス氏を情報源と疑ったことに端を発する。

スカラムッチ氏はライアン記者に直接電話をかけて情報源を明かすように迫り、情報源をプリーバス氏だと確信すると「情報を漏洩させた人間を突き止める。彼は近く辞任を求められることになる。彼はひどい妄想型統合失調症、妄想性障害だ」などと罵ったという。また、スティーブ・バノン首席戦略官についても汚い言葉で罵った。

その後、28日にプリーバス氏は大統領首席補佐官を辞任、後任にケリー氏が就任していた。こちらも事実上の更迭とみられていた。

▼TIME誌の表紙を飾ったトランプ氏(画像集)▼

TIME誌の表紙を飾ったトランプ氏