NEWS

この床、実は〇〇でできているんです。イギリスで美容院営む男性が驚きのリノベーション

2017年07月31日 16時34分 JST | 更新 2017年07月31日 19時56分 JST
TWITTER/JUNCOPENSANTEOK

イングランド中西部・ダドリーで人気の美容院を経営するリッチ・ホルサムさん(28)は1000ポンド(約14万円)の予算で、店内の床を改装しようと考えていた。しかし、彼はもっと安く済む、そして非常に「独創的」な方法を見つけ出した。

イギリス紙「デイリー・メール」によると、ホルサムさんは、なんと7万枚もの1ペニー硬貨を使って、自ら美容院の床をすべて覆い尽くしてしまうことにしたのだ。この結果、当初の費用から300ポンドを節約できたことに加え、「この世でたった1つしかない床」を手にすることができた。

「床を新しくしたかったのですが、費用が高すぎたのもあり、ちょっと斬新なことをやってみたかったのです。そこでアイディアをインターネットで調べました」と、ホルサムさんは語る。

この床にして以来、この美容院はちょっとした観光名所になっており、儲けも増えている。

「お客さんはこの床に興味津々のようです。通行人が店に入ってきて、写真を撮っていくこともあります」。ホルサムさんは「一石二鳥」以上の結果を得たというわけだ。

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。