理想はジェラピケのルームウェア、でも現実は... "育児中ファッション"を描いたイラストに共感あつまる

投稿日: 更新:
印刷

ぼうしで寝グセかくし、家ではステテコ、高そうな服は大体メルカリ…

育児中の「理想と現実のファッション」について描いたイラストが7月26日、Twitterに投稿され、「わかりすぎる」と共感を呼んでいる。

イラストを描いたのは、imo-nak(@k_i_121)さん。

かつて抱いていた理想の育児中ファッションと、現実との違いを「いざ産んでみたら年齢的にも体型的にも値段的にもアウトでした\(^o^)/」とコミカルに表現した。

mama
imo-nakさん提供

イラストが投稿されると、「まさに私だ…」「何という的確さ!」などのコメントが相次いだ。

特に「現実のOFFモード」を描いた右下のスタイルには、「これまさに私だ」の声が集まり、"ステテコママ"たちの共感が爆発した。

イラストを描いたimo-nakさんは、4歳と1歳の娘をもつ2児の母親。2人を「ぷにころ姉妹」と呼び、育児中の日常を漫画やイラストで伝えている。

ハフポスト日本版の取材に対して、「たくさん共感の声をいただいて嬉しいです」と話した。

——イラストにされていたような理想と現実の乖離についてどう感じていますか?

現実と理想との乖離は切ないですし、自虐的に思う部分もありますが、もう仕方ないです。
子どもはステテコでもヨレヨレTシャツでも「可愛い❣️」と言ってくれるので、それで良しです。
でも理想の姿も諦めてはいないですよ〜。

——すごい反響でしたね。共感の声をどう感じていますか?

たくさんの共感の声を頂いて本当に嬉しく、励みになっています。
これからは、道行く可愛いお母さんを見かけても(きっと家ではスッピンステテコ)と思って頑張れそうです。


——私、子どもいないのにすごく共感してしまいました…。

ありがとうございます。
お母さん以外の方にも共感して頂けるなんて、とても嬉しいです。